トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最新記事

Latest comments

Calendar

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別リスト

【記事記録】

<まちひとサイト>からのお知らせ

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

ICTで地域の元気シニア活躍の舞台を:GBER: 身体情報学 檜山敦Dr.

6月3日、駒場リサーチキャンパス公開日の、東京大学先端科学技術センター 身体情報学分野 檜山敦Dr.のGBER Gathering Brisk Elderly in the region)紹介の一部を記録させて頂きます。
(風に揺れるスクリーンの撮影で画面が揺れていますが、より正確な資料で理解し考えていただくために、そのまま載せさせていただきます。)
01目的 シニア社会のイノベーション 02GBER 檜山敦氏
リタイアしたが、健康で寿命も伸び、就労意識の高いシニア
03一人称のシニア 04シニアの就労意識
次世代シニアは更に増えるが、シニア特有の労働力特性が
05次世代シニアは 06シニアの労働力特性
この専門性の高低のギャップを、ICTとAIで
07高齢者クラウド 08人材スカウターの知見を
GBERサービスでシニア生活舞台づくりを
09元気高齢者の地域活動サポート 10地域活動インターフェイス
柏市での運用実績
11柏市運用実績 12柏市時間場所
実践の場、社会的効果
14平時、災害時 活用分野 13長期 社会的効果

取材・記録:まちひとサイト
あとがき>これからの地域社会生活が予感できる、3つの社会的基盤とサポート活動です。
1.超短時間雇用で、障がい者が、働き易く、受け入れ易く! 人間支援工学 近藤武夫准教授
2.多様な個人それぞれの、興味、スキル、場所、時間で社会活動をマッチングする GBER  身体情報学
3.居場所であり、訓練場であり、就業先マッチング、そしてジョブコーチを一貫するFDA
がい者が働ける場はもっとできる!ICTと職場の理解があれば!NPO法人 FDAの成澤俊輔さん CIVIC TECH FORUM 2017

関連記事

超短時間雇用で、障がい者が働き易く、事業所も受け入れ易く! 人間支援工学 近藤武夫 准教授

東京大学先端科学技術センター人間支援工学分野の近藤武夫准教授の「超短時間雇用という新しいはたらき方のデザイン」紹介を記録させて頂きます。6月3日、駒場リサーチキャンパス公開日にて
(風に揺れるスクリーンの撮影で画面が揺れていますが、より正確な資料で理解し考えていただくために、そのまま載せさせていただきます。)
01駒場正門  01超短時間雇用、近藤武夫准教授
日本型雇用が障害者などの働く場を阻害している。
雇用がもたらすもの 03常用雇用は
04障害者を雇用に接続する 05障害者雇用の課題
伝統的な日本型雇用と超短時間雇用という新しい:IDEAモデル
11伝統的に本の雇用 12新しい雇用モデル
13時間比較 14業務作業内容
日本型雇用時間特性
15日本型雇用類型
障害の種類と
 IDEA PROJECT:Inclusive & Diverse Employment with Accommodation
16障害種類 17障害者のショートタイムワーク
少人数型IDEA,多人数型IDEA
21少人数型 22多人数型
社会的インパクト
23社会的インパクト 24社会的インパクト金額換算
取材・記録:まちひとサイト
あとがき> 超短時間の雇用を受け入れ、マネジメントしてゆくのも、ICT技術の普及によります。これは、障害者だけに関わらず、仕事時間や場所などの条件が多い、シニアや子育て世代などの、多様なはたらき方を可能にします。この社会的インパクトとして具体的です。そして、障害者自身も家族も、社会に受け入れられているという現実感が。
関連記事

障がい者が働ける場はもっとできる!ICTと職場の理解があれば!NPO法人 FDAの成澤俊輔さん CIVIC TECH FORUM 2017

CIVIC TECH2017 インタラクティブ会場 障がい支援の現場 グラレコ
NPO法人FDA(Future Dream Achievment) の成澤俊輔さんだから聞けた、就労弱者(障がい者、在宅勤務者、ひきこもり、ニート、ホームレス、うつ病患者、シニア)などと伴に働き暮らす手がかりです。

・ 集中力や繰り返し作業なども、障害に沿って適した仕事は多い。ICTにより就労困難者が在宅でもできる仕事が増えた。
・仕事は、パソコン使うか使わないか、一人かチーム作業か、マニュアル有るか臨機応変かの6種類に分けられる。
・FDAでは、居場所であり、訓練場であり、就業先マッチング、そしてジョブコーチをすべてやる。
・数十社、一業種一社で働くモデルづくりをして、求職者の希望に添える場を増やしている。
・職場の心配は、障害者の体力−生活リズム・得意・仕事に合っているか・長く働いてくれるかの4ッ。
・職場の経営者との面談が、障がい者の受入には必須となる。
                
NPO法人FDA(Future Dream Achievment) とは、障がい者、在宅勤務者、ひきこもり、ニート、ホームレス、うつ病患者、シニア、ワーキングケア等の就労を目的とし、就労希望者・支援希望者の集える環境の創造と仕組みの提供を行うことを大儀(目的)として活動していく、非営利団体。
30大雇用図
NPO法人FDA施設外実習・受託一案件一覧
雇用業務1 雇用業務2 雇用業務3

2017.3.25 永田町GRID CIVIC TECH FORUM 2017 にて
         全セッション 
取材・記録:まちひとサイト
あとがき> 生活や仕事に何らかの障がいや限界を抱え、感じる人が、普通の人。その障害や限界を越えるICTの技術が進み、活用できる状況になってきた。
今年のCIVIC TECH FORUM 2017のテーマは、 
テクノロージーと作る私たちのちょっと未来の話
ー市民、政府、企業、3つの視点からー
そのテクノロジーを使って受け入れる人の気持を変えてゆく必要がある。

自らの障害を越えて、社会的な活動を広げている成澤俊輔さんのコトバは、障害とともに暮らしている現実感が。
「もし、私の子どもが障害をもって生まれても、働ける職場をつくりたい!」(株)ゲットイット 廣田社長
制度以前から障害者も高齢者も伴に働き続けてきた株式会社山久、株式会社サンキュウ・ウィズ

中央区障害者就労支援センター 障害者雇用を推進する企業向けセミナーを開催
障害者雇用支援制度の現状、支援団体の活動
障害者福祉の立場から、障害者就労を
関連記事