FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最新記事

Latest comments

Calendar

11 | 2018/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別リスト

【記事記録】

<まちひとサイト>からのお知らせ

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

中央区健康福祉まつり2018  開会・催し・閉会

昨年は台風で中止になった健康福祉まつり、今年は10月28日、無事開催できました。
「健康を考えよう」「福祉を知ろう」「交流しよう」と盛りだくさん。
先ず、開会、ステージの一部、閉会の記録です。
開会・屋外ステージ

                  *音楽音声カット版
屋外ステージ・フィナーレ・閉会
健康福祉まつりイベントチラシ
中央区健康福祉まつり公式ブログ

主催:中央区健康福祉まつり2018実行委員会
   中央区・中央区社会福祉協議会
取材記録:まちひとサイト
あとがき> 中央区健康福祉まつりは、3世代家族全員に関わるイベントです。まず、健康をチェック、地域行政・税制・申告、子育て、障害者対応、加齢対応、社会活動など、地域生活全般に渡ります。テーマ別に記事記録をまとめてゆきます。
地域福祉社会活動を繋ぐ方々と 健康福祉まつり2016記事リスト
関連記事

花と音楽をテーマに レインボーハウス明石 第15回 なないろ祭 

レインボーハウス明石の利用者が作り込んだ作品、スタッフとのゲーム、今年も来演の日本橋中学校吹奏楽部と男性合唱 Tokyo mail choir Kuukaiの記録です。
31DSC01237.jpg 32DSC01238アートワーク
DSC01252ようこそ 33ゲーム
35就労移行 36パン アラジン
 日本橋中学校吹奏楽部 

Tokyo mail choir Kuukai 


第15回 レインボーハウス明石 なないろ祭 2018年10月14日 
取材・記録:まちひとサイト
あとがき> なないろ祭は、年に一度のおまつり。作品や音楽が人と人を繋ぐてがかり。写真展示では、普段の暮らしぶりが伺えます。

さわやかワーク中央:障害者就労継続支援施設 仕事中
関連記事

レインボーハウス明石 街の人と一緒に 第15回 なないろ祭 

レインボーハウス明石は、再開発された明石町1−6のUR都市機構ラ・ヴェール明石町、介護老人保健施設リハポート明石がと伴に上層階にあり、直営の喫茶アラジンと中央区の京橋おとしより相談センターが1Fにあります。なないろ祭も第15回、行政・町会・ライオンズクラブなどの来賓とともに開会、展示・ゲーム・催しに寛ぎと交流の時がつづきました。
12DSC01174来賓 13DSC01189明石町会 21DSC01200焼き鳥 22DSC01198明石町会フランク
レインボーハウス明石なないろ祭 第10回オープニング
障害を越えて働く人の新年会、「アラジンドットコム」

2018年10月14日 
取材・記録:まちひとサイト
DSC01264建築配置図 DSC01246障害者差別解消法
あとがき>道に連続する1F、駐車場、公開空地で街に開かれた再開発ビルに、インボーハウス明石は直営の就労支援施設でもある喫茶アラジンとともに入居しています。既存/新規区民、障害者福祉施設、高齢者リハビリ施設、お年寄り相談所と、多様な世代/ライフスタイルの方々が同居し、近隣の人にも開かれた拠点です。
日々、見かけ/馴染みあえば、気遣い合い・緊急事態には手を貸し・頼りあえる街暮らしの気風も、再開発されてゆくでしょう。1Fというよりは、グランドフロアー/敷地/道路が開き合ってゆくデザインや使われ方が、街暮らしの大切な要素です。
関連記事

大人と子どもが’環境’テーマに触れ合うまつり 2018「子どもとためす環境まつり」は第15回

大人が子どもと一緒に、環境のことを知り・試す「子どもとためす環境まつり」は、今年で第15回。年に一度、中央区環境保全ネットワークがまとめる、行政・活動団体・関係企業のコーナーは、子どもの為に盛りだくさんでした。
体育館左 体育館右
手旗 サーモンの夢

今年第15回の「子どもとためす環境まつり」9月22日月島第二小学校にて

2018年9月22日(土)中央区立月島第二小学校
主催:中央区環境保全ネットワーク
取材・記録:まちひとサイト
あとがき> 大人も子どもも一緒にとりくむ「環境」テーマの数々のブース。身の回りのものやコトを、「環境」として見直すと、大人にとっても、課題・問題以前に面白いことが沢山。それを、子どもに試す場を揃えての年一度の「環境まつり」です。子どもにとって、日々の身のまわりのなかで、自らが触れて戸惑う時間を増やして欲しい時代です。整理され用意されたモノが溢れてくると、創造性を育む環境づくりが、これからの課題です。
関連記事