FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最新記事

Latest comments

Calendar

03 | 2019/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別リスト

【記事記録】

<まちひとサイト>からのお知らせ

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

第4回おさんぽ応援団 お花見散歩と音楽会 中井智弥 二十五絃箏・三弦演奏

今年も、おさんぽ応援団:月島地区の民生員・高齢者人材バンク・中央区社会教育関係者など多くの方々が準備し、十五絃箏奏者・作曲家の中井智弥さんを迎えて、『お花見散歩と音楽会』が開かれました。
散歩 記念写真 桜散歩
『花のように』 中井智弥 作曲/演奏 

中井智弥 箏・三弦・二十五絃箏演奏家/作曲家
主催:おさんぽ応援団
(中央区社会福祉協議会登録ボランティアグループ・中央区社会教育関係団体)
協力:認定NPO法人 トリトン・アーツ・ネットワーク
後援:社会福祉法人 中央区社会福祉協議会
作品展示:晴海苑・マイホームはるみ 他

取材・記録:まちひとサイト
あとがき>二十五絃箏は、洋楽の平均律に合わせてある箏です。
洋楽と邦楽は、印象が異なるところがあって、洋楽は’演奏’表現する。邦楽は、’奏でる’、湧き上がる、雅楽からくる要素もあるようです。
自我の置き方、個人の意識の仕方が、出会い初めてきた気配も。

<邦楽感覚> ヴァイオリン・琴・鼓、舞踏  麹町邦楽ライブ第9弾より
日本の伝統楽器と洋楽が出会うJ-trad Rock Band 'AKARA' が3.31 3rd Onman Live
古典『花競四季寿〜萬歳』を楽しむ 三味似粋人ジャパン Shaminist Japan 第34回 築地ライブ
身体に沁み入る、琵琶。サワリ、語り、唄  麹町邦楽ライブ第11弾
自然の中から立ち上がる笙の調べ 笙奏者 伊藤えり

関連記事

浜離宮恩賜庭園 春の訪れを担う毎年の菰外し 中央ぷらねっと(中央区社会貢献企業連絡会)浜離宮WGと市民ボランティア

春を実感する楽しみであり、地域に応える喜びでもある、浜離宮恩賜庭園の菰外し、中央ぷらねっと(中央区社会貢献企業連絡会)浜離宮WGと市民ボランティアの記録です。
C05150記念写真 C05813スタッフ記念
中央ぷらねっと(中央区社会貢献企業連絡会)
浜離宮WGと市民ボランティア
「浜離宮恩賜庭園菰外し&水上バスツアー」
2019年2月23日
取材・記録:まちひとサイト

あとがき> 親子連れも多く、広くて複雑な庭園に入り込み、菰を外しながら、自然や文化を心身で感じるひと時でした。
日本の伝統文化を表現した「数奇」とは、異なることを寄せて実感する楽しみ。「しつらわれている」庭園は、菰の巻き方、はがし方、外すときのどきどき感自体、茶の湯の袱紗が垂れる時を想起できます。害虫・益虫は、それぞれの都合ですが、いる?いない?でのドキドキ感の受け止め方も、人それぞれです。

関連記事

築地場外市場周辺とバルセロナ旧市街地市場周辺2Km四方を比較してみると夜も楽しめる街が見えてくる

650万人の海外観光客が訪れるバルセロナ市の旧市街には、ブケリア市場とサンタ・カテリナ市場がある。築地場外市場周りと同じ2Km、歩き回るエリアを比較してみると、下記の図に。
築地2km2 広場から海まで2km2
築地本願寺、歌舞伎座、新橋演舞場、銀座中央通り、、、。
サンタ・エウラリア大聖堂、カタルーニャ音楽堂、リセウ大劇場、カタルーニャ広場。

サンタ・カテリナ市場内のバーでは、飲み食べ語らう人たちが。
DSC01534s.jpg DSC01526s_201904211816227b7.jpg
DSC01533s.jpg DSC01536s.jpg
       写真は、2017.11.17
取材・記録:まちひとサイト
あとがき> 海に接する築地市場跡に、国際会議施設が計画されていれば、食文化の街に、どんどん先取りして、歩いて楽しめる街にできるのでは?
月島・勝どき・晴海へ帰る住人も、都内から辺りで降りて待ち合わせ、夕刻から夜の街を楽しんで、、、働き方改革とは、暮らし方改革でも。
関連記事

築地波除神社で獅子頭を担ぎ出したのは? 小浪会七代目会長松江さんの話、支える六番組と築地衆が組み上げる記録

築地デリTSUKIJI DELI Openの祝いに、聴けた、築地波除神社の獅子頭の話の記録です。

築地波除神社獅子頭の由来、小浪会松江会長 2019.01.11


獅子頭を祭で担ぐ準備の記録

つきじ獅子祭 す組の仕事 2波除神社「お歯黒獅子」を組む (2010年)


波除稲荷神社つきじ獅子祭 雌獅子組み上げ (2012年)


築地波除神社 新天皇の即位される最初の新嘗祭を「大嘗め祭」として、
令和元年6月7日 宵宮祭、 6月8日 御神楽祭、6月9日渡御祭、6月10日例大祭が、催されます。

取材・記録:まちひとサイト
あとがき> 漁の無事と豊漁を祈る波除神社、邪気(敵対するもの)の先払いの獅子、担ぎ祈る神輿渡御。自然と人とをつなぐイコンとして、引き継がれ、創りなおされてきた獅子頭の話です。
張り合い・協調してきた場に居続けて、集まり続けているという信頼感の象徴も、築地の人つながりを支えます。
関連記事

築地の人つながりが、醸成する築地デリの酒粕ミルク『MASHIRO』、働く二人、 TSUKIJI FISH BURGER MASA

近江屋牛肉店と波除神社神田が生んだ甘酒『ましろ』のなが~い由来ばなし


築地デリ『TSUKIJI DELI』の二人の人つながり


築地魚政 Tsukiji Fish Burger MASA なにを作って誰に渡してる?


築地の夜は、市場の人繋がりでDeep だよ 第五回築地はしご酒!

取材・記録:まちひとサイト
あとがき> 築地市場が豊洲に移っても、魚河岸から広がる食の人つながりは、江戸以来! 佃島、日本橋魚河岸、築地本願寺埋め立て、関東大震災、築地本願寺境内への魚河岸移転、焼失しなかった築地市場・場外市場、敗戦後の闇市から、GHQ接収終了後の市場復活、、、。住み・働き・遊ぶところを同じにする築地町衆の人つながりは、代々引き継がれ、飲食業まで広がっています。人とモノと情報が醸成してきた地域生活文化の深さです。

関連記事

築地デリ(TSUKIJI DELI)オープンは、築地場外市場 夜の部への先駆けに

築地場外市場は、豊洲市場開場後、更に変わってゆく手がかりが、見えてきました。近江屋牛肉店がプロデュースして、1月11日オープンした築地デリもその一つ。築地は、朝・昼に加えて夜も賑わう街へ変わり始めています。
築地DELI 地図大 築地DELI のぼり旗
 (地図:Open Street Map より、写真:築地デリより)


築地の夜は、市場の人繋がりでDeep だよ 第五回築地はしご酒!
1b DSC03551地図 2b DSC03633ショップ
市場とスーパーMが二層になっているMarcat DelNinotで仕事帰りの一杯を
Melcat 外観 Melcat 上下階
Melcat BAL 牡蠣 Melcat BAL と市場
*朝はプロ向け、午後は、一般向けのマルシェとスーパーマーケット、夕刻からはバルへと変身します。

産業革命後のレンガと鉄骨の中に息づくマルシェに、豊かで楽しい食生活を見る
*高級住宅地に変わった工場は、食材の専門家が開くマルシェ。そのリノベーションの記録写真がちゃんと壁に飾られて、ここも、人つながりで支えられているのだと実感。自らを変化させながら、持続してゆく街の根深さが。
スクラップ&ビルドの新大陸文化とは違う。

取材・記録:まちひとサイト
あとがき>銀座・京橋や月島・勝どき・晴海の間の築地市場跡は、オリンピック・パラリンピックで使われた後は、国際交流と食文化を活かした地域にという方向です。
これまでの食文化の街づくりを更に加速して、昼も夜も、築地場外市場を使い倒せば、次の展開が広がります。
駐車場や築地魚河岸:築地魚河岸 千社額棟、小田原橋棟、海幸橋棟など、中央区も支援して整備が進みました。地権者・営業者の関係が複雑な場外市場は、一朝一夕には進みませんが、朝・昼・夜と、店舗や什器をシェアし合って、より密度の高い食文化の拠点にできます。 それが、オリンピック・パラリンピック使用後の築地市場跡への展開に繋がるでしょう。
関連記事