トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最新記事

Latest comments

Calendar

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別リスト

【記事記録】

<まちひとサイト>からのお知らせ

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

健康福祉まつり2012反省会・意見交換会が12月3日に

2012年12月3日、中央区健康福祉まつり2012反省会・意見交換会が、中央区保健所・福祉センターにて開かれました。
健康・医療・福祉・高齢・子育て・文化・事業者・行政が参加し、消費生活展と同時開催の地域のまつりです。
運営は、イベント会社にたよらず実行委員会委員30名、当日運営ボランティア、事務局:福祉センター・保健所・社会福祉協議会、そして参加団体82団体も、当日現場で補い合いました。運営の成果・課題・提案など、反省と意見交換の場が持たれました。
会場
実行委員長・事務局より
正副実行委員長・事務局 社協
04DSC09112.jpg 福祉センター
広報・スタンプラリー・ステージ・会場各小委員会からの報告
広報 スタンプ
ステージ 会場担当

事務局からの報告と会場からの質問・提案
事務局から会場
村上 賀口
提案 質問
反省会後の意見交換会
意見交換会乾杯
進行 箕輪実行委員長
小泉副区長高橋理事 平林部長高齢者対策室

取材・記録>中央社協の「まちひとサイト」藤井俊公

公式ブログ:健康福祉まつり・消費生活展2012 記事リスト

あとがき>このまつりは、健康・福祉から行政・事業者を含め地域活動全般に関わる「健康福祉まつり」は、消費者の立場からの「消費生活展」と同時・同場所で開催することで、地域社会のまつりへと変わりつつあります。地域の事業も生活もグローバル市場の中での活力と楽しさが求めれれます。行政や事業は、より効率化・専門化が進み、その隙間を税やサービス商品で埋めきれません。地域社会は、その場・その時に関われる人や組織が、できることを補い合うことが、必要であり、また頼り・頼られることが地域の活力であり楽しさでもあります。このまつりが、そのような補い合い・頼り合いの手がかりの一つであるように。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント