トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最新記事

Latest comments

Calendar

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別リスト

【記事記録】

<まちひとサイト>からのお知らせ

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

舞伎義太夫三味線方 野澤松也、三味線・日本のうた・音・創作浄瑠璃を

舞台 高座
4月1日、月島社会教育会館で、子育てリーダーCHUO主催によ
る「あかおにくんがやってくるよー」に出演された歌舞伎義太夫三味線方、野澤松也さんのお話を、まとめました。
   *創作浄瑠璃「友情泣赤鬼物語」は、前記事にて
  子育てリーダーCHUOが、創作浄瑠璃「友情泣赤鬼物語」公演を
三味線、太竿・細竿 野澤松也

三味線のさわり、音のゆらき? 野澤松也

長唄・清元・義太夫のうたい方 野澤松也

創作浄瑠璃へ 野澤松也


取材・記録:まちひとサイト

あとがき)
ギター一本がオーケストラなんだと、スペインの人は言います。
太棹一本の情景・感情の想起力は、歌舞伎舞台の黒御簾衆のおはやしで磨かれてきました。
細竿は、より情感を強く感じ、端唄から歌謡曲へのと引き継がれてきたようです。
三味線のさわり、音のゆらぎに、情景・情緒を感じるには、
ゆったりとした時のなか、音に身をゆだねる生活・習慣が必要かもしれません。
戦後育ちの世代も長寿で時間のゆとりが持てるようになりました。
若い世代も、’まったり’とした時間に、三味線、琵琶、箏、尺八、横笛・・・
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント