fc2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最新記事

Latest comments

Calendar

03 | 2024/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別リスト

【記事記録】

<まちひとサイト>からのお知らせ

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

日本橋の施設オーナー集合!日本橋まちづくりトーク おむすびスタンドANDON 小野裕之 氏 株式会社Staple 岡雄大 氏

 +NARU NIHONBASHI「LOCAL MIX MARKET」
Session4:2月4日(日)16:30-17:30:
日本橋の施設オーナー集合!日本橋まちづくりトーク より
ゲスト:・おむすびスタンドANDON 共同オーナー/株式会社散歩社 代表取締役 小野裕之
    ・株式会社Staple 代表取締役 岡雄大
モデレーター:株式会社Goldilocks 代表/
     NARU NIHONBASHIディレクター 川路武
    コミュニケーションの場づくりを続けてきた 川路武 氏 株式会社Goldilocks 代表

先ずは、 自己紹介、川路武 氏のつづいて 小野裕之氏

株式会社Staple 代表取締役 岡雄大氏


+NARU NIHONBASHI「LOCAL MIX MARKET」は、歩きやすく寛げる  通り暮らしの場のようでも

次の記事では、
日本橋エリアの「ローカル性」について 三人が語り合います。

取材・記録:まちひとサイト
あとがき> 
日本橋に参入した若手起業家の、商いを通じた日本橋地域の実感がリアルです。
’ニューローカル’とは、岡さんの言葉ですが、Iターン/2拠点などの家計者と、旧来の観光客が混ざる場を創りだしています。地元老舗・町会への関わりはじめから、広域日本橋のローカル性に気づきます。
運河と橋、木戸と町割りで、自律しながら、競い合っていた江戸時代から、明治以後の行政区の変遷、大震災・戦中の廃業・空襲・敗戦後の復興・高度成長と都心空洞化、自動車優先交通のままでの再都心集中化、、、。老舗から新規参入者まで、多様な出自の人が混ざる地域のこれからの手がかりを、探ります。
また、小野さんの下北沢との比較も、楽しみです。

日本橋問屋街の空洞化の中、東神田・馬喰・横山・小伝馬町あたりの特殊な卸店舗・低家賃を活かして参入してきた、アートスタジオなどは、都心回帰と家賃高騰で、江東区・墨田区・台東区など、職人・モノづくりの街を求めています。
・ 日本橋大伝馬町のCreative Hub 131 三周年記念で、「Creative City宣言できないか!」と
・ 【速報】社会的クリエイターの交差点でもあった、Creative Hub 131・パブリカス・NICAクロージング感謝祭で新たな次元へ
・ アートコモンズ「対話と創造の森」4月8日グランドオープン 内覧日に新野圭二郎さんににインタビュー

製品の流通・ビジネス客と飲食店が集中していた地域が、多様な人が関わり合い・創発する、コミュニケーションの場づくりを仕掛ける人たちの記事を続けてゆきます。





関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント