fc2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最新記事

Latest comments

Calendar

03 | 2024/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別リスト

【記事記録】

<まちひとサイト>からのお知らせ

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

地縁中央の同窓会?スマホ勉強会!脳トレ!記憶の掘り起こし!

地縁中央は、高齢者にオンライン生活を充実してもらおうと、スマホ勉強会を続けています。
mAAA09841.jpg mAAA09842.jpg



川島隆太教授の認知機能活性化 学習法を活用!
m写真認識で m女優の名前は?



mAAA09847.jpg

地縁中央の同窓会?スマホ勉強会!
2023年11月19日 勝どきディルーム
取材記録:まちひとサイト

あとがき>
リアルな集いを重ねる地縁中央のスマホ教室は、集って、脳トレ、スマホの活用も。
・ 地域をスマホやオンラインで繋ぎ活性化を目指す『地縁-中央』のZoom教室主催実習
・ 『地縁-中央』は、地域をスマホやオンラインで繋ぎ活性化する人たちの集まり

スマート・エイジは、脳科学の最前線プレーイヤーです。
脳トレプログラムの一つ、キネマ俳優写真の名前を思い出せば、当時の生活記憶も呼び起こします。
分からなければスマホの画像認識で探しだす。

その川島隆太教授の認知機能活性化学習法を知るには、
Microsoft Copilot (生成AI)を活用すれば、
「脳機能イメージング技術の活用: 川島先生は、脳機能イメージング技術を用いて、脳の活動を視覚的に可視化し、認知機能の改善に役立てています。この技術を応用した「学習療法」は、認知症患者の脳機能を刺激し、認知機能の低下を遅らせる効果があります。
学習療法の仕組み: 学習療法は、脳機能イメージングを通じて、特定の課題を行うことで脳の活動を活性化させるプログラムです。例えば、数独や記憶ゲームなどの課題を解くことで、脳の神経回路が刺激され、認知機能が向上します。
効果と普及: 学習療法は、全国の施設で約6000人の認知症患者のケアに用いられており、認知症予防にも有効であることが証明されています。また、自治体でも高齢者福祉に活用されています。・・・」

*生成AIって、生活実態を体験してきた加齢者だからこそ、その内容の間違いや偏りに、脳が反応して、使ってゆけそうです。


地縁中央が、スマホ利用教室からマホ活用フォローアップで同窓会。いずれ参加者が自主的で、テーマにこだわらない居場所になってもいいでしょう。
記憶すること自体より、自身から動き・面白いコト、気にかかるコトを分かち合う場をつくって、地域の縁を深めます。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント