fc2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最新記事

Latest comments

Calendar

03 | 2024/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別リスト

【記事記録】

<まちひとサイト>からのお知らせ

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

令和五年佃住吉神社例大祭 全記事リンク集 佃住吉講の祭ぶり、まち暮らしの心身の置き処

佃住吉神社例大祭は、中央区月島地域氏子衆の祭です。その宮元の佃住吉講の祭ぶりを、立ち会えた限りですが、記事リストにまとめました。宮元としての作業は【佃住吉講】、祭事は’令和5年・・・’とのタイトルで纏めています。
配置図と日程表
佃住吉講 作業、行事日程表 佃住吉講 三部配置図
1m泥だし全景 2m5 壱部柱運び列

【佃住吉講】作業7月2日 お祓い 黒木鳥居 建立で、令和五年 佃住吉神社例大祭 佃住吉講の共同作業が始まります
【佃住吉講】作業7月2日 佃堀に埋め置いた大幟柱と支えの´抱き’掘り起こし
【佃住吉講】作業7月2日 壱部・弐部・参部に分かれての作業 抱きの建立
【佃住吉講】作業7月9日 壱部・弐部・参部それぞれ作業 令和五年 佃住吉神社例大祭
【佃住吉講】作業日でない 7月16日  令和五年 佃住吉神社例大祭 準備
【佃住吉講】作業7月23日 それぞれ作業 南鳥居建立 講元のまつり観 令和五年 佃住吉神社例大祭
【佃住吉講】令和五年 佃住吉神社例大祭 大幟柱祓いと建立
【佃住吉講】作業7月30日 祭準備作業日が島の祭生活のように 令和五年 佃住吉神社例大祭
令和5年 佃住吉神社例大祭 8月4日 大祭式、佃住吉講・佃睦会・連合町会神輿清祓い、参拝式
【佃住吉講】8月4日 大幟を揚げ、祭の準備を終え、参拝式に氏子各町を迎える日

3m獅子頭並び 4m.宮神輿担ぎ
令和5年 佃住吉神社例大祭 獅子頭宮出し、御旅所へ
佃住吉講 8月5日 獅子頭が戻り、住吉神社の御霊遷しが終われば、宵宮
佃住吉神社例大祭 宵宮 小澤家の客人と銚子太鼓
令和五年 佃住吉神社例大祭 宮神輿 宮出し 船渡御
令和五年 佃住吉神社例大祭 宮神輿 佃住吉講各部渡御の後、佃を出て月島へと御旅所渡御
令和五年 佃住吉神社例大祭 宮神輿 渡御 月島から新佃入りして佃住吉講に引継ぎ
令和五年 佃住吉神社例大祭 宮神輿 佃島で佃住吉講が受けて 宮入 
宮入
【佃住吉講】 8月7日 町内のことごと 町内神輿巡行、佃中学校祝い太鼓
【佃住吉講】 8月7日 帰社祭後 各部での慰労 若衆の手締めへ


【佃住吉講】 8月8日 祭の町を解きほぐす 神輿納めと各部の作業
【佃住吉講】 8月13日 黒木鳥居 の解体・収納 に若衆の間合いの変化が
【佃住吉講】 8月13日 大幟柱・抱きの解体、堀へ 令和五年 佃住吉神社例大祭
【佃住吉講】 8月13日 寄付者芳名板と各部作業 令和五年 佃住吉神社例大祭
【佃住吉講】 8月27日 共同作業最終日 抱き・大幟柱 堀へ埋め込み
5m 大幟柱 つり上げ斜め
【佃住吉講】 8月27日 共同作業を終えた各部 令和五年 佃住吉神社例大祭

【佃住吉講】 参部 慰労会(直会) は、労い・楽しみ・世代を繋ぐ大宴会
【佃住吉講】 弐部 若衆主催の直会 令和五年 佃住吉神社例大祭

令和五年 佃住吉神社例大祭 佃住吉講
2023年6月 ~9月 東京都中央区佃
取材・記録:まちひとサイト
あとがき>

佃住吉講は、江戸での島づくりから、明治以後の埋め立てによる月島・勝どき・晴海へと広がる住吉神社氏子の祭を支えてきた宮元としての意気・粋を引き継いできました。
当初、島に住み漁からの生業を伴にしてきた家族同様の講人も、近代化が進むほど住まいも仕事も拡散し、血縁から紹介、そして公募へと、佃住吉講の気概を受け入れる方に開かれています。

引き継がれてきたのは、人が力と気を合わせ続けなければ成し遂げられない、大がかりな祭支度と様式です。
季節・日時の自然、鳥居・大幟・獅子頭・神輿などの祭具、囃子殿・神輿・獅子頭・詰所の建物から、飲食・休息・宴まで、互いが気が通わせ、それぞれの役割を果たしながら、力を合わせ・昂ぶり・労い合う祭。
新たに参加した新縁(しんべり)を加えて、若衆・大若・世話人と女衆の役割を、引継ぎ・更新しながら、続いてきました。
日常の生活・業務とは別次元で、この4か月に渡る作業と祭事に、講人としての祭の日々です。
佃島内での立地・経緯の違いもあり、壱部・弐部・参部は協力しながら競い合い、それぞれの経緯で引き継がら、運営されてきました。記録上でも、その違いが窺えるでしょう。

自然とまちと人とそれぞれの自意識・自我を超えて没入し、3年に一度のライフステージの節目とする佃住吉講の祭。
潮の満ち干に追われ、泥と汗にまみれ、互いに気と力を合わせ、声をかけあい、一人では成せないことを果たしてゆく。
日々立ち合い、カメラを回し続ける側にいても、その意気に包まれる。
グローバルに流動・変化・頭脳化する一方で、まち暮らしの心身の置きどころを、佃住吉講の祭ぶりに感じます。

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント