fc2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最新記事

Latest comments

Calendar

02 | 2024/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別リスト

【記事記録】

<まちひとサイト>からのお知らせ

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

人災・天災の記憶をどう活かす?浜町平和の集いと親子防災フェスティバル

3月12日日本橋浜町公園で、東京大空襲被災者慰霊の浜町平和の集いが、東日本大震災被災者慰霊と重ねて、開かれました。続いて日本橋消防署監修のもと、多くの地域関係者により、親子防災フェスティバルが開かれました。
東京大空襲、東日本大震災を想い起こす 浜町平和の集い2023

日本橋五の部地区委員会の子防災フェスティバル〜子どもの命を守るみんなの力〜2023

日本橋浜町地域生活 知っておきたい 浜町平和のつどい、親子防災フェスティバルを支えている方々


2023年3月12日 日本橋浜町公園
主催:日本橋五の部連合町会
協力:中央区、 日本橋消防署浜町出張所・人形町出張所、日本橋消防団、久松警察署、有馬小学校、久松小学校、浜町児童館、NJC、 日本橋浜町エリアマネジメント、ボーイスカウト東京連盟中央第5団
取材・記録:まちひとサイト
・ 忘れられていた震災避難記念碑を丸洗いは、シビック・プラウド育て
・ 親子防災フェスティバルを支えている方々と 日本橋浜町エリアマネジメント
・ 日常の地域生活が、防災・被災対応力を 日本橋五の部連合主催「親子防災フェスティバル」より
・ 日本橋五の部のオンライン防災訓練を繋ぐ日本橋消防団員・若手 

あとがき> 被災当時者ではない人にとって、慰霊祭や防災イベントは、行事化されがちです。 
しかし、今こそ、コロナ禍の復興中。生活・行動、マスク着用義務が緩和され、一人一人がどのような行動を取るのか?
’死’が身近なことだと実感したこの3年を経て、自身と回りのひとで、どう命や生活を守り合うのか? 
天災も人災も、伝えられる情報に流され、不安を深め、行動習慣がどう変わったのか?
’志村けんさんの死亡’を、どう受け止めたのか? 残る記録から’昭和’がどう塗り替えらてきたのか?
直面する、情報氾濫からデータ活用へと移行する今、自身と身の回りの人と一緒に、何を引き継ぎ・何を身につけるのか?
成り行き任せにしがちなことを自覚したい年度末です。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント