fc2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最新記事

Latest comments

Calendar

05 | 2023/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別リスト

【記事記録】

<まちひとサイト>からのお知らせ

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

<募集中> 子どもと伴に街暮らしをバージョンアップ  ~公共施設・NPO・商店街の連携可能性を探る~十思カフェVol.133 12月13日 

子どもの夏休みを活かして実施された、「やげん堀商店街」フェスを立ち上げた経緯を、ファシリテーターの熊本さんと、協働ステーション中央スタッフから伺い、語り合います。
十思カフェ 133

【日 時】12/13(火)19:00 ~ 21:00 【会 場】協働ステーション中央
【定員】20名(事前申込制、定員になり次第締切)【参加費】無料
問い合わせ:TEL:03-3666-4761 Email:info@kyodo-station.jp
申し込みフォームリンク 

「やげん堀商店」フェスの準備・当日のまちひとサイト取材記事より
1.中央区立産業会館にて、子どもスタッフで「やげん堀商店」フェス

2.子どもスタッフで「やげん堀商店」フェス いよいよ本番当日
3.子どもスタッフでの「やげん堀商店」フェス で考えること

2022年8月21日・27日
主催:中央区立産業会館
ファシリテーター:熊本尚子(&キッズ)、サポート:野垣貴子(&キッズ)、学生ボランティア
協力:やげん堀商店会、協働ステーション中央、一般社団法人キッズM

記録:まちひとサイト
あとがき> 
街の明日は、子ども達とともに、試し・繰り返して・積み上げてゆくものです。 
都市開発法制とプロセスを守りながら、地主・開発事業者・参画事業者主体でつくられてきた産業都市は、地上げ・解体・無人地帯・新築される復興・高度成長時代は終わっています。
使い方を考え直し合い、補修・改造・利用を逐次調整し合って、元の生活・生業の根を絶やさないで、次世代の可能性を探りながらのこれからの再開発は、明日の長い子ども達の参画が大切でしょう。 
持続的な街暮らしのために、子育て・教育・地域振興と多様な評価軸とともに、馴染み・大切にし合う人の地域意識・シビックプライドを育つことを期待したいところです。
自身と周りの仲間と地域とを認め合い・大切にし合う意識をです。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント