fc2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最新記事

Latest comments

Calendar

03 | 2024/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別リスト

【記事記録】

<まちひとサイト>からのお知らせ

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

ウェルビーイングを育む 尾山台「おやまちウェルビーイング・リビングラボ」

武蔵野工業大学が改名された東京都市大学にて、「都市生活学フォーラムvol.1ー交響する地域の日常とパブリックー」にて、6月18日に開かれました。
20220630_173751791.jpg 20220630_173622313.jpg

多面的な都市へのアプローチのなかで、都市生活部コミュニティマネジメント研究室坂倉杏介先生の「おやまちウェルビーイング・リビングラボ」に共感し、現場のインタビューを8月19日にさせていただきました。

一般社団法人 おやまちプロジェクト 代表理事 高野雄太 さん
東京都市大学 都市生活学部 坂倉杏介 研究室 岸川さん、押切さん

おやまちプロジェクトの立ち上がりは?

ウェルビーイング・リビングラボの、立ち上がりは?

ウェルビーイング・リビングラボで これから


尾山台駅から徒歩1分、東京都市大学方面への石畳の商店街のタカノ洋品店がリノベーションされて、1Fがタタタハウス、タカノ洋品店がカフェを兼ね、持ち込みのイベント会場にもなっています。
2Fが「おやまちウェルビーイング・リビングラボ」。坂倉先生の机もあり、残された畳の和室と洋室のオープンテーブルなどの場です。
オーナーの高野雄太さんは、一般社団法人 おやまちプロジェクト 代表理事であり、尾山台商栄会商店街振興組合理事、尾山台中学校PTA会長、尾山台サッカークラブコーチなどを勤め、地域に根を張り、多くの人との時を伴にしてきました。
ウェルビーイング・リビングラボに三年生になっての研究生と訪れ/通う人たちとの取り組みが積み上げられています。

2022年8月19日 ウェルビーイング・リビングラボとタタタハウス
取材/記録:まちひとサイト

あとがき> 場と人と持続展開できる仕組みとが、「尾山台」を意識し、大切にする気持ちを揃えられてきています。
東京都市圏が鉄道網/道路網が充実・拡大してきた果ての、ハードなインフラ/建物を造る人・産業中心の時代から、人の生活中心へと、都市生活学部の視点が楽しみです。


・ 親子防災フェスティバルを支えている方々と 日本橋浜町エリアマネジメント
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント