fc2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最新記事

Latest comments

Calendar

05 | 2023/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別リスト

【記事記録】

<まちひとサイト>からのお知らせ

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

9月4日(日)三年ぶりの中央区総合防災訓練日は、地域生活基本訓練日

9月4日(日)は、三年ぶりの中央区総合防災訓練日です。中央区は防災拠点本部を設置し、防災協定組織との総合連携訓練を行います。
中央区総合防災訓練を令和4年9月4日(日曜日)
中央区総合防災訓練2022チラシ
京橋プラザ・銀座中学校・京橋築地小学校の拠点地域住民は、拠点訓練参加後、総合訓練に参加します。
防災拠点訓練
中央区地域防災計画概要版2022年2月
中央区地域防災計画 2022年修正
災害時における協定締結先リスト


三年前 浜町運動公園での救出救助訓練 平成30年度東京都・中央区・港区 合同総合防災訓練より
救出 搬送




この日は、大災害・非常時のためというだけでなく、孤立・分断しがちな都心生活を、一人一人が防災拠点を軸に生活再構築のための人繋がりの日でもあります。

・ 個人から考えれば、安否確認・気づき合いが、防災・被災対応と地域福祉生活として、非常・日常の共通行動だと気づきます.
・ 地域生活を考え合いませんか? 京橋・月島・日本橋 各地で考える手掛かり 地域福祉ワークショップ基調講演より


中央区の防災拠点(避難所)と副拠点

中央区防災マップアプリを配信しています。
防災マップアプリ トップ画面 防災マップアプリ ダウンロードQRコード
あなたの町会・自治会が所属する防災拠点運営委員会一覧
拠点訓練日程一覧表


*これまで、障害があり一般避難所での避難・生活が困難である人には、要配慮者が日頃から利用している施設への直接避難の促進方針がでています。
福祉避難所の確保・運営ガイドラインの改定(令和3年5月)


*被災をこえるのはまず個人の準備から
・ 誰もが避けられない被災を超える’希望’を 岡本正弁護士の「被災したあなたを助けるお金とくらしの話 」
・行政でできること
中央区における被災者支援に関する各種制度 PDF

*大災害時の中央区、地域内・地域外の災害ボランティアは、どう組織化できるのか?
・ 災害ボランティアセンター運営訓練から考えたいこと
・ 市民が組織化して公的防災組織機関と協力してゆく ICS(災害対応運営システム)に沿った図上訓練 第5回協働型災害訓練in杉戸 

*地域で身近な防災訓練は、平時の消防団・事業者・町会・自治会・・・地域関係者をつなぐエリアマネジメント
・ 親子防災フェスティバルを支えている方々と 日本橋浜町エリアマネジメント
・ 2022年夏の親子防災フェスティバルは、水・水・水
・ 日本橋五の部の防災訓練は、「親子防災たんけん オンライン」
・ 日本橋五の部のオンライン防災訓練を繋ぐ日本橋消防団員・若手 

記録:まちひとサイト
あとがき> 中央区住民の90%以上が住むマンションに住む中央区では、 大規模災害から日常の地域生活まで、 大規模になるほど、マンション内に孤立・分断しがちです。 大・小マンションと地元商業・飲食業者が、どのように連携してゆけるかどうか? 町会・自治会組織の行事以外の情報連携力は弱く、大企業ほど地域との縁が薄くなりがちです。 来街者・在勤者の帰宅困難者対応と同時に、総務・防災担当者・部署が、地域の他の企業・自治会と連携を組んでの対応が必須なのでしょう。

・ 繰り返して37回、銀座中央通り各処点から始まる銀座震災訓練は、共助を裏付ける知識/組織/訓練を重ねて
・ 防災訓練は、個別定型・シナリオ型から対応型へ 第13回京橋地域総合防災訓練3講評・謝意
・ 都心商業地の事業所総務・防災担当者のための 安全配慮義務と事業継続のための地域連携についての講演会が3月27日: 講師:『災害復興法学』著 岡本正氏

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント