fc2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最新記事

Latest comments

Calendar

03 | 2024/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別リスト

【記事記録】

<まちひとサイト>からのお知らせ

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

中央ぷらねっと(中央区社会貢献企業連絡会)5月21日浜離宮恩賜庭園で、 コロナ禍を超えて再起動 

中央ぷらねっと20220521m
中央ぷらねっとが、コロナ禍を超えて再起動しています。

例年ボランティア活動を続けてきた浜離宮恩賜庭園で、コロナ禍の臨時休で人に踏まれることがほぼ無かった園路に生えた雑草をとることになりました。
m中央ぷらねっと閉会 m中央ぷらねっと雑草刈り
5月21日(土)は、あいにくの雨で始めてすぐ中止になりましたが、身近な広い公園、これから何かできそうです。
m中央ぷらねっと 雨やどり 東京都公園課

中央プラネット活動記事から
・ 中央ぷらねっと主催、中央区クリーンアップ作戦2019 出発
・ 浜離宮恩賜庭園 春の訪れを担う毎年の菰外し 中央ぷらねっと(中央区社会貢献企業連絡会)浜離宮WGと市民ボランティア
・ 街に馴染む 中央ぷらねっと(中央区社会貢献企業連絡会) 「中央区クリーンアップ& ウォークラリー」
・ 「中央ぷらねっと」が福祉・次世代育成活動でブラインドサッカー講座を
・ 中央ぷらねっと 福祉WGが、ふれあいボランティア活動を
・ 中央ぷらねっとの 隅田川左岸 植栽活動 (1/2)
・ 地域社会協力を続けてきた企業グループ:中央ぷらねっと、2010年4月例会


中央ぷらねっと(中央区社会貢献企業連絡会)
事務局:中央区社会福祉協議会
2022年5月21日 浜離宮恩賜庭園
取材・記録:まちひとサイト

あとがき> 5月19日の天気予報がずれて、始めたら雨で中断・待機・中止になりましたが、これからの活動を振り返り・考える機会にも、なりました。
当初は、企業の地域活動の年中イベントとして始まり、環境WGは続いてきました。浜離宮の菰外しやリーンアップ&ウォークラリーは、働いている周りの都市や自然に触れる新鮮な機会です。
コロナ禍で、ネット会議が常用されるようになって、もう、企業単位ではなくて、勤務者単位で打ち合わせ、大規模ではなくても、都合の良い時に少数が交代で、定期的な活動ができそうです。
職場単位での行動になりがちなのも、個人単位になれば、シェアオフィスのように、新たな出会いや対話・創発のきっかけにもなりそうです。
また、災害時の帰宅困難者を互いに受け入れ・支援したりする顔見知りも出来そうです。
コロナ以後、中央ぷらねっとの活動は、より地域の日常に溶け込んでゆく可能性があります。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
100: by aki on 2022/07/06 at 00:08:23

ブログ主様書込みお許し下さい。
中国ロシア軍艦の日本侵犯が増す中、日本が侵攻されぬ為どうか皆様に知って頂きたい、中韓や日本の野党が阻止する改憲の必要性を、危機感を持ち知って頂きたく誠に恐縮ですが書込ませて頂きました。

報道するテレビが無い中、中国等の日本領海侵犯が激しさを増す現状は、かつて9条の様に非武装中立で平和的であったチベット等を現在も中国が武力で侵略虐殺を行う惨状を連想させ、

現在対馬を狙う韓国が日本の竹島を不法占拠した際、多くの船員が機関銃で襲撃され死傷し、北朝鮮には国民を拉致され、
尖閣を狙い中国が侵犯する現状でも、9条により日本は国を守る為の手出しが何一つ出来ません。

中朝ロの数千発の核ミサイル標準は常時日本に向けられており、尖閣、台湾周辺の動きも激化する中、9条を改正し自立した戦力を持たなければ、
有事に敵地攻撃力を持たぬ現状防衛力では日本人の命と領土は守れません。

中韓による侵略は、野党が法制化を目指す外国人参政権や(その民主政権時、中韓を利する為円高誘導を行い日本経済を破綻危機に追い込みました)

又「朝鮮の役に立ちたい」と表明した維新による、国の権限を弱め、地方独立から国家分断を図る道州制等、多様性と言う名の文化破壊活動からも始まっており、

外国人参政権は米国始め世界的に認める国は少なく、これを与えた事でハワイは米国に、ウクライナクリミア半島もロシアに乗っ取られた過去があります。

又背乗りやスパイ等の犯罪発見の役割も果たしている戸籍廃止に繋がる夫婦別姓や、日本人のみを処罰対象とした、特定国への反論を封じるヘイトスピーチ条例等、

先進国で唯一スパイ防止法が無い日本で、
中韓に軸足を置き、友好を刷り込む野党やメディアが、制度の危険性を隠し国民を誘導する現状からも、既に浸透工作は最終段階である事、
日本でウクライナの悲劇を生まない為に投票の大切さと、一人でも多くの方に目覚めて頂きたいと切に思い貼らせて頂きます。
https://pachitou.com
長文、大変申し訳ありません。