fc2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最新記事

Latest comments

Calendar

01 | 2024/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別リスト

【記事記録】

<まちひとサイト>からのお知らせ

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

地域をスマホやオンラインで繋ぎ活性化を目指す『地縁-中央』のZoom教室主催実習

高齢者にも、オンラインでの集いが、多様な生活スタイルの人と関わり続ける場にもなるために、まず一緒に通い場や教室に集まる人から。そのスマホ教室を運営するには、使いながら慣れるだけでなく、スキルを磨き合う機会がひつようだと、『地縁-中央』メンバーのZoom教室主催実習事例です。
指導は、
’すべての人が、自分ンの「居場所」と「仲間」を持って心豊かに生きる社会を目指している’、特定非営利活動法人CRファクトリー 高橋葉子氏です。

1 金井良 :中央区通いの場「よりみちクラブ」代表、理学療法士

2 新庄扶仁子 :中央区スポーツ指導者、認知症サポーター、健康指導アドバイザー、ヨガ・英会話講師


Zoom教室主催実習 振り返り


・ 『地縁-中央』は、地域をスマホやオンラインで繋ぎ活性化する人たちの集まり

『地縁-中央』地域をスマホやオンラインで繋ぎ活性化 紹介映像
地縁中央 活動に参加しませんか?
代表 江口裕子
chien_chuo@icloud.com

2022年3月10日
取材・記録:まちひとサイト
あとがき>
通い場や教室に通う合う高齢者同士から、スマホで参加し合い・声をかけ合いやすくできればと、高齢者向け福祉教室の先生向けオンライン化教室の実践実習です。

『地縁-中央』を支援している副代表理事 友枝敦氏の(株)袖縁は、企業スタッフによる障がい者支援ネットワークアプリケーションを開発・普及を始めています。

スマホでの連絡・集いが、互いに気遣う子育て世代についで、高齢世代でも増えれば、
生活・行動困難時の要望に応じ合える、生活地域ができるでしょう。
多様な人が行き交うからこそ、多様で創発しあい補い合う、豊かな街になりますが、
他方、理解を超えた人と遭遇する危険があるからこそ、
頼り合える人と声をかけ合える仕組みが必要になります。


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント