fc2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最新記事

Latest comments

Calendar

01 | 2024/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別リスト

【記事記録】

<まちひとサイト>からのお知らせ

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

佃島田島家自宅から恒夫さんの送別式は、昭和を送るよう

佃島二部の田島恒夫さんの送別式は、平日の2月22日昼どきに、自宅で行われました。
島に育ち・担ぎ・盆踊りの太鼓をたたき続けてきた「恒さん」を送った、参列の前後と想い出の記録です。
飯田葬儀への案内 飯田 自宅での葬儀
飯田宅路地から 飯田恒夫 写真s
飯田恒夫 葬儀ソト 佃堀
住𠮷神社例大祭 住吉講にて

佃島での盆踊り

日本の文化・芸能ショーケース 浅草にて


記録:藤井俊公
あとがき> 育ち・暮らした自宅から、送られるのが当たり前だった時代がありました。近隣の女衆が割烹着で支度をし、男衆は受付・進行を仕切り、通夜には思い出話を交わしたものです。気強く葬儀、出棺、挨拶を終えて、焼き場へと向かう車内から、見送る人に頭を下げる時、この街に住み暮らしあっている実感を得ていたものです。
何時でも、何処でも、都合の良いところに移り住み、都合の良い相手と、いいとこ取りをするように、暮らす賢さが、何を失い、何を得ているか? 今令和から昭和を振り返るのは、『鬼滅の刃』背景の昭和初期から江戸を振り返るような、隔絶感を感じます。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント