fc2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最新記事

Latest comments

Calendar

01 | 2024/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別リスト

【記事記録】

<まちひとサイト>からのお知らせ

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

京橋地域のグリーン東京高速道路(KK線)再生へのパブリックコメントは、3月11日(迄)

中央区都市計画にも織り込まれている東京高速道路(KK線)再生に関し、今年も東京都へのパブリックコメントが募集されています。
○KK線の再生・活用の目標
  東京の新たな価値や魅力を創出するため、KK線上部空間を歩行者中心の公共的空間として再生・活用
○目指すべき将来像
  将来像1 高架道路の形態をいかした広域的な歩行者系ネットワークの構築
  将来像2 連続する屋外空間をいかした大規模なみどりのネットワークの構築
  将来像3 既存ストックをいかした地域の価値や魅力の向上
○5つの整備・誘導方針
  ① 高架施設の特徴(形態)をいかす ② 歩行者系ネットワークの形成
  ③ みどりとオープンスペースの形成 ④ 地域の歴史や魅力をいかす
  ⑤ 周辺まちづくり等との連携
 東京高速道路(KK線)再生の事業化に向けた方針(中間まとめ)(案)

中央区の歩行者中心の水と緑のネットワークづくりの一環でもあり、また、有楽町・日比谷側に対する銀座地域の個性的な優位性を維持するためにも、中央区から行政からだけでなく、区民・関係者からの提言を重ねる機会です。

01 21歩行者中心の水と緑のネットワーク

先ず、全銀座会が2016年に東京都へ提言したモビリティ計画を想い起します。
銀座のモビリティデザイン要望2016
昨年の『ソト暮らし できたらいいなアイデアソン』の意向も受け止めて提出した提言は、「ソト暮らしできたらいいな」サイトにも掲載しています。
東京高速道路(KK線)再生が、銀座 銀ぶら 文化をバージョンアップする機会
その提言コメントと、今年の募集に当たっての(中間まとめ)案の比較です。
 提言コメントの前提 「銀座の特性について」
01 2021提言 文化
<緑のオープンスペース>2021コメント        2022中間まとめ
02-2021提言 緑のオープンスペース 02-2022 上部空間 緑のオープンスペース
<歩行者系ネットワーク>2021コメント        2022中間まとめ
03-2021提言 歩行者ネットワーク 03-2022 歩行者ネットワーク
<周辺まちづくり等との連携>2021コメント      2022中間まとめ
04 2021提言 モビリティ 04 2022 縦方向の移動
<管理、事業性>
2022 整備主体 2022 原稿の運営管理スキーム

パブリックコメントの実施について(募集期間:令和4年2月10日(木)から3月11日(金)まで)

記録:まちひとサイト 藤井俊公
あとがき> 今年度の私からの提言要旨は二項目
①KKライン上から地上への空間の連続性を、数寄屋橋公園・中央通りへ大きく確保すること。
②銀座地域の交通・通行調査を続けて、今後の公共交通駅・バス停・自家用車駐車場からの人・自転車・車いす・シニアカートなどの歩行補助具の流れと、荷捌きに関わる人・車・荷捌き車両の動きを整理して、道路のシェアを進める。
その要として、KKラインの北端・南端を、駐車・荷捌き・スモール・モビリティへの乗り換え・・・などに使う。
KKライン 銀座1丁目 KKライン 銀座8丁目タクシー
今年度、中央区では、銀座地域の駐車場・荷捌きの実態調査を行っています。
KKライン再生開始される2030年には、自動車・二輪車・スモールモビリティの電化・AI運転補助・シェアなどが進み、路上も「歩きやすく寛ぎやすい街」へと、各地域と競合しあっているでしょう。 
この西側の有楽町・日比谷の再開発・路上の活用は、丸の内・大手町と連続的に進んでいます。
KKライン下の店舗開発も、日比谷OKUROJI、ウラコリドーなど先行しています。
日比谷裏路地s 銀座ウラコリs

中央区都市計画、銀座地域の交通計画にも沿って、多様な立場の方がコメントを出し、日々、街のことを語り合うことが、街を愉しむことにも、なるでしょう。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント