fc2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最新記事

Latest comments

Calendar

01 | 2024/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別リスト

【記事記録】

<まちひとサイト>からのお知らせ

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

新富座こども歌舞伎 お囃子・長唄・義太夫などの 音合わせ・掛け声・気合わせは 邦楽舞台の伝統の手掛かり

令和3年11月3日 鉄砲洲稲荷神社神楽殿での第二回錦秋公演より、 音と声が、街から境内・神殿・身体にまで、響き・振るえ合い・気を合わせている様子の記録です。

囃子方の音合わせ・気合わせ 


お練りから参拝まで 音尽くしでまち芝居


第二回錦秋公演 『口上』 久松 千晃  


新富座こども歌舞伎 第二回錦秋公演
主催 「新富座こども歌舞伎」の会

令和3年11月3日 鉄砲洲稲荷神社神楽殿

取材・記録:まちひとサイト
あとがき> お囃子・長唄・義太夫、拍子木や付け打ち。お練りは、新富座が開かれたときの「元禄花見踊」で歩みます。参拝の太鼓、礼と拍手、、、、身体の動きと響きが、震え合い・応え合っている様子は、こんな舞台前の様子から窺えます。
今後の稽古の参考にと、音合わせは、しっかり残させていただきました。

・ 街ぐるみで育ててきた 新富座こども歌舞伎 まち芝居の新たなあり方が
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント