トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最新記事

Latest comments

Calendar

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別リスト

【記事記録】

<まちひとサイト>からのお知らせ

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

映画『ただいま - それぞれの居場所』上映会

5月28日(土)京橋プラザにて開かれた、映画『ただいま - それぞれの居場所』上映会と認知症サポーター養成講座を取材しました。
  主催:中央区社会福祉協議会、講演:   中央区民生・児童委員協議会

(介護者の家族が)「やっぱり人間なんですよね・・・」
(宅老所を営んでいて)
「人間とは、人生とは、家族とは、毎日、毎日、そんなことを考え、勉強できる」
いろいな介護の現場に関わっている人・当事者の家族の様子が、積み重なっての映像でした。

<資料> 認知症サポーター養成講座標準教材より
認知症介護をしている家族の気持ち 
  第1ステップ とまどい・否定
   ・異常な言動にとまどい、否定しようとする。
   ・他の家族にすら打ち明けられず悩む
  第2ステップ 混乱・怒り・拒絶
   ・認知症への理解の不十分さからどう対応してよいか分からず混乱し、
    些細なことに腹を立てたりしかったりする。
   ・精神的・身体的に疲労困憊、拒絶感・絶望感に陥りやすい
    最もつらい時期。
  第3ステップ 割り切り
   ・怒ったり、イライラしても何もメリットはないと思い始め、
    割り切るようになる時期
   ・症状は同じでも介護者にとっても「問題」としては軽くなる。  
  第4ステップ 受容
   ・認知症に対する理解が深まって、
    認知症の人の心理を介護者自身が考えなくても分るまでになる。
   ・認知症である家屋のあるがままを、
    受け入れられるようになる時期。
第2部の認知症サポート講座は、別の記事で記録させて頂きます。

関連記事
 認知症サポート電話
 映画『ただいま - それぞれの居場所』上映会と認知症サポーター養成講座

取材・記録:中央社協の「まちひとサイト」 

*会場の方々は、それぞれの生活や活動と重なることも多く、スクリーンに応え・語り合うつぶやきが絶えませんでした。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント