fc2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最新記事

Latest comments

Calendar

11 | 2023/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別リスト

【記事記録】

<まちひとサイト>からのお知らせ

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

「ソト暮らし」 移動の要は、グリーンスローモビリティ

コロナ禍で、不要不急の外出を避け、デジタル・コミュニケーションやメディアへの依存が増えました。 その結果、移動する範囲や目的も変わり、多様化してきたモビリティへの取り組み方も変わってきました。
場所から場所への移動手段を繋ぐサービス連携:Maas(Mobility as a service)ばかりでなく、 移動中の、乗り換える場、移動車内・移動する周りの空間との関わりも、変わってゆきます。

移動手段である自動車中心から、人間の生活中心への変化
 ・ ヨーロッパの都市文化から 自動車中心から人間の道への戻し方
より多種・多様化する移動手段を纏めるグリーン・スロー・モビリティ
・ モビリティの多様化をまとめるのは、グリーン・スロー・モビリティ
45グリーンスローモビリティ 車種
44グリーンスローモビリティのコンセプト
グリーンスローモビリティが持つ付加価値
  ①車内のコミュニケーション 増加
  ②車外とのコミュニケーション 増加
  ③地域の人(高齢者・女性・障碍者)が地域の運転手
<人が楽しい:楽しい:多様・多層な偶発的な反応が続く>
乗る人・住む人・運転する人・運営する人が「」」
62街暮らし 3態 
<空間を有効に利用>
町の通り・公共スペース・敷地が、車種・スピード別に分けられる通行レーン・駐停車乗降スペース・車庫・保管スペースなどのための公私の空間を節約する。
<環境に優しい>
電動による、空気汚染・騒音低減、AI/自動運転による走行の安全性と運用する人により路上での多様な対応が可能に。歩行弱者の乗降補助・地域の見守り・・・・

記録:まちひとサイト
あとがき> 移動車両がゆっくりと、街中や住まい周りを巡回すれば、
ウチソトの人同士が見合って、
互いに見かけ・声をかけ・やすくなるでしょう。
62街暮らし 3態 
目的的行為は、リモート化・ネットワークミーティング、個室・目的空間。
偶発的行為は、ウォーキング ゆっくり移動 オープン空間 イベント・散歩。
大規模再開発・高層ビルの足元は通行のピークに備える広さが優先されます。
中小個人の店や事業所の集積している銀座とか、
中小規模のマンションが増え、通りも細い裏日本橋とか、駅や集中駐車場から周辺地域を巡るグリーン・スロー・モビリティは有効でしょう。
・ 東京高速道路(KK線)再生が、銀座 銀ぶら 文化をバージョンアップする機会
中央区transpoetation OSM
                                     OpenStreetMap より
公共交通と個人交通の中間的なグリーン・スロー・モビリティ運営事業は、地域生活に関わる多くの人も繋ぐことが出来そうです。
高知市中心のはりまや橋脇の、モビリティ・ステーションが、歩行補助貸出だけでなく、集い場にも、インフォメーションセンターにもなってゆく事例がありました。
 ・ 地域福祉生活の要は、常設「タウン・モビリティ・ステーション」では? 第4回福祉住環境サミット クロスセッション より




関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント