FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最新記事

Latest comments

Calendar

03 | 2021/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別リスト

【記事記録】

<まちひとサイト>からのお知らせ

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

『Meet With Flowrs』 ロス・ロスフラワー、アートを介して関わりあう、八重洲・京橋の日常の花見

八重洲・京橋のビジネス街、コロナ禍中のロスフラーワー配布と、花にちなんだアートの『Meet With Flowrs』は、4月10日まで開かれています。
<RIN(河島春佳先生)HP> ロスフラワーとは
プロモーション写真から mD3C00859配布後c
     *4月の配布・展示日も、配布数が限られていますのでお早めに。
4月2日(金曜日) 11:00-14:00@東京スクエアガーデン 15:00-17:00@アーティゾン美術館
4月3日(土曜日) 11:00-14:00@東京スクエアガーデン 15:00-17:00@東京建物日本橋ビル
4月9日(金曜日) 11:00-14:00@東京スクエアガーデン 15:00-17:00@東京建物八重洲ビル
4月10日(土曜日)11:00-17:00@日本橋プラザビル
 
東京駅周辺のビジネス街から、日常に溶け込む花見を提案
Meet with Flowers 地図
花をテーマにした企画展
*上記写真・案内は、主催者より。

記録:まちひとサイト
あとがき> 
東京アート アンティーク展は中止でWeb開催中。

大規模開発が進む東京駅周辺はビジネス街ですが、中央通りより一本東は、骨董通り。銀座から日本橋まで、ギャラリー・骨董店が多い地域です。ビジネスもデジタル化・AI・ロボティックスで、人の仕事も、より感覚や関わりが大切な時代になってきました。
mD3C00880外堀通り mD3C00860中央通り沿い
mD3C00864サンクン広場 mD3C008753F
大規模高層開発が続けば、通勤・訪問する地上・地下の公共空間は、通路と化します。人間のスケールの道幅や歩行速さ、アイレベルの建物が外に開いて、ゆったりと、歩み語らう通りや場の生活文化の根っこは、残っている地域です。
・ 京橋一丁目東地区、骨董通りは、「まちなかウォーカブル区域」へ
・ 京橋骨董通りを、日本橋ガレリアまで  「東京アート アンティーク 日本橋・京橋美術まつり」に歩く



関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント