FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最新記事

Latest comments

Calendar

03 | 2021/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別リスト

【記事記録】

<まちひとサイト>からのお知らせ

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

視覚障がい者の目となる道案内『ことナビ』紹介と当事者の異なるスキルによる協働をと 市川浩明さん(認定NPO 法人ことばの道案内 代表理事)

協働ステーション中央の十思カフェvol.107にて、認定NPO 法人ことばの道案内 代表理事市川浩明さんによる、視覚障がい者の外出支援をする道案内『ことナビ』などの活動紹介と、「困りごとの当事者が切り開き・つくる協働の取り組み」についての話を伺いました。
01mAAA04378.jpg 02mAAA04385.jpg
03mAAA04393.jpg 04mAAA04395.jpg
視覚障がい者の目となる道案内『ことナビ』で自由な外出を支援する

困りごとの当事者が切り開き・つくる協働の取り組み

同NPO監査役の田中さんとの来所・講演でした。
2020年10月27日 協働ステーション中央
取材・記録:まちひとサイト
あとがき> 目的が有るから外出し、介助者がいなくても、コトバを音声で聞いてたどり着くための「ことナビ」。 必要な場所へと、当事者となる人達のスキルを寄せて、一つ一つ調べ、確かめて、ナビ情報を集めてきました。協働とは、スキルが違い・立場が違う人が、現場と目的を共にしてはたらく活動だと、市川さんは、語ります。
異なる立場・スキルの人が、特定の課題に対して、集い・互いを知り・認め合える機会を増やしてゆく拠点として、協働ステーション中央は、広域な活動を続けています。

・ 当事者参加でユニバーサル・デザインをすれば、繊細な能力全開に、株式会社19の安藤将大さん
・ ICTリハビリテーション研究会の一日版メイカソンで、視覚・行動・身体障害の生活課題にここまで応え合いました!
・ 障害は人それぞれ、その場に居る人が補い合って越えるもの:重複障害のKさんに街歩きの怖さを聴きました
・ 要点を揃えて調べ続けていきたい バリアフリーマップづくり:第一回バリアフリーマップ作成リーダー講習会より
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント