FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最新記事

Latest comments

Calendar

03 | 2021/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別リスト

【記事記録】

<まちひとサイト>からのお知らせ

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

2019年5月銀座中央通り、コロナ禍以後どう変える? 

コロナ禍以前、令和元年5月12日(日)の銀座中央通りは、普通の歩行者天国。みゆき通りのテント列は、ラグビーワールドカップ前の広報イベントです。

横から、望遠レンズで観れば、混み合っているようですが、上からみれば
s01DSC09731 俯瞰5~4丁目 s03DSC09733 俯瞰四丁目交差点 s02DSC09718 俯瞰8=7丁目
中央通りで自撮りして、買い物して、、、観光客と首都圏暮らしの人との行動は違う
s05DSC09702 歩道5から通りへ s06DSC09672 5丁目 名鉄側
s07DSC09674 5丁目パーフォーマンス s08DSC09675 5丁目東側歩道
s11DSC09690 歩道6斜め前から s12DSC09700 歩道6横から
s10DSC09666銀座ホコ天 s10DSC09666銀座ホコ天 いつ対話が
s14DSC09670 いつ対話が

2019年5月12日(日)
取材・記録:まちひとサイト
あとがき> 自撮りと買い物、お互いに見合い、賑わいを確かめた後は何を? 声を掛け合うことは、ほぼ無いのだが。
グローバルな交易・観光が、コロナ禍で、ブロック化・ローカル化と通貨・メディアのデジタル・ネットワークがが同時並行で進む時、社会的なコミュニケーションは、どう変わってゆくのか?
自分中心の体験を求めての移動が増えるとき、街をどう愉しみ・迎え合えるか? 
近代・文明開化から、どんな小さな分野でも一流を目指してきた銀座は、モノと情報と人が一緒に関わり合う街で、在り続けて欲しいものです。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント