FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最新記事

Latest comments

Calendar

03 | 2021/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別リスト

【記事記録】

<まちひとサイト>からのお知らせ

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

「じわが来る」知るほどに面白くなる歌舞伎の世界 歌舞伎ソムリエのおくださんのYoutubeチャネルと、白浪五人男の解説、新富座こども歌舞伎舞台2011年

歌舞伎のことば〜その4「じわが来る」

歌舞伎の面白さを、いろいろな形で伝えられている 歌舞伎ソムリエのおくださんのYoutubeチャネルです。
おくだ健太郎・歌舞伎ソムリエ Youtube チャネル
わくわく動画「白浪五人男トーク」予告編

「歌舞伎小屋の楽しさは、AKB応援の気分?」 歌舞伎ソムリエのおくださんが新富の日に

新富座こども歌舞伎 定番の「白浪五人男」も観方が深まります。
新富座こども歌舞伎13 白浪五人男 舞台 2011年

新富座こども歌舞伎 『白浪五人男稲瀬川勢揃の場』新人初舞台 五本立て


記録:まちひとサイト
あとがき> 歌舞伎座「十三代目市川團十郎白猿襲名披露」延期のお知らせは、7月までと。

「じわが来る」は、歌舞伎ばかりではなく、人の反応は一瞬、間が置かれるのは自動車運転の反応でも知られていること。脳を経由する反応で、普通「危ない」と意識できるのは、0.2秒、ブレーキを踏む動作にまでは、0.5秒と観察されています。他方、熱さで指を引っ込めたり、瞼を閉じるのは、脳を経由しない局部の反射。
舞台役者の衣装から仕種を観、お囃子の音を聴き、セリフの言い回しから意味をくみ取るまで、色形音の変化は、それまで感じ身に着けた体験を神経線維のつながりで編み込まれた感受性を、再動員する時間がかかるのです。
総合芸術としての歌舞伎舞台、古典として演じ続けられてきた物語の時代を超えて、知識ばかりでなく、自身の感性を磨いてゆくがこそ楽しめるものでしょう。
直感で反応できる人間性に根差すグローバルなエンターテイメントが増える中、欧州のサロンから劇場でのオペレッタ・オペラ、アジアそれぞれの地域での歌舞演劇、、、。・
能動的に知り・感じる時を重ねるほどに、「じわ」の深さを楽しめるようです。

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント