FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最新記事

Latest comments

Calendar

03 | 2021/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別リスト

【記事記録】

<まちひとサイト>からのお知らせ

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

原子核、DNA,そして精神核こそ環情報世界と身体を繋ぐ受信機、精神増感最前線の二人 JINMO と武田崇元の<精神核祭>その1

神田神保町、前衛を志したアーチストが集った美学校の講師JINMOが、精神界の重鎮:八幡書店の武田崇元を迎えての「精神核祭」。先ずは、二人の精神の探求のてがかりから。
sAAA08295美学校 sAAA08297対談
西のアレイスター・クロウリー、東の出口王仁三郎、東西の精神の同期、神島『寄絃乃儀』とは


精神界の系譜、知覚能力の拡張


美学校〈精神核祭〉 講師:JINMO ゲスト:武田崇元
2020年3月1日(日)
記録・編集:まちひとサイト

播磨灘の神島は、高砂市の沖。大石神社でのJINMOさん達と、氏子衆の神事『寄絃乃儀』の中で、武田崇元さんが解説されました。この脳が’受信機’として意識化した近代的個人とは、科学技術の手がかりが増えて見えてきた環情報世界の中の断片。人間本来の本質を心身から世界へと開放する手がかりを、古代からの精神史を探り、体現しつくそうとしててきたお二人です。先鋭な音響システムとブレーンマシーンの映像でのライブは、次のCD『精神核』誕生譚とともに。

令和を迎える 生石神社 神事『寄絃乃儀』斎行者:銀座のJINMO
令和元年五月一日の朝を迎えた 高砂での思い出

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント