FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最新記事

Latest comments

Calendar

01 | 2019/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

月別リスト

【記事記録】

<まちひとサイト>からのお知らせ

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

だれでも、だれとでもボッチャ は、身近な遊びにもパラリンピック競技にも

ボッチャは、障害者の為に作られたものでパラリンピックの競技にもなっています。それを誰にでもとユニバーサルボッチャ【universal boccia】として、普及を図っているのが、社団法人日本ユニバーサルボッチャ連盟です。
理事長の 古賀稔啓 氏とボッチャのパランピアン 秋元妙美 氏を迎えて、ボッチャ体験会が、2018年12月2日月島区民センター1F会議室で開かれました。
02DSC03904投げた 00DSC03891ルール
少女二人 白からの距離が
04DSC03926車椅子から投げた 03DSC03912選手とアシスタント
主催:中央区社会福祉連絡会
*今回、サンアグロ株式会社より中央区社会福祉協議会に、ボッチャセット3セット、補助用具(ランプ)ほかいろいろ頂きました。
  いろいろな機会に活用されてゆきます。

取材/記録:まちひとサイト
あとがき> 社団法人日本ユニバーサルボッチャ連盟理事長の 古賀さんに伺うと、
ユニバーサル・ボッチャは、参加状況に合わせて方法や内容を変えて、地域の実態に合わせての参加プログラムを提供することも進めているそうです。
小さなコート、外でも使える道具、公園や道路で仮設して楽しむ仕掛けなど。鉄の玉を投げてあそぶペタングよりも安全で場所を選ばないようです。
バルセロナ ペタング
*写真は、平日19時ごろ、ペタングで遊ぶ叔父さん達 バルセロナ市内

ご近所みちあそびで 子どもも大人も 街育ち!紹介:TOKYO PLAYの嶋村仁志さん
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント