FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最新記事

Latest comments

Calendar

12 | 2019/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別リスト

【記事記録】

<まちひとサイト>からのお知らせ

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

明日を担う子どもたちと大人たちのために、子どもの”元気”を引き出すための 3つの仮設的提案 日本体育大学 野井真吾 先生

一般社団法人 TOKYO PLAY「環境問題として考える子どもの遊び」シリーズ
http://www.tokyoplay.jp/
第3弾・子どもたちの身体がおかしい?は、光・暗闇・外遊び「ワクワクドキドキのススメ」を、日本体育大学 野井真吾 先生から伺いました。
経験的/直感的に云われてきたことを、身体科学的に確かめてみると、
DSC03582仮設1 DSC03616仮設2わくわくどきどき
DSC03648仮設3 よいかげんの薦め DSC03652TokyoPlay で
早寝/早起き   →メラトニンの働き
            →自律神経→ 光・暗闇
ワクワクドキドキ →ADHD(注意欠陥・多動性障害)
            →前頭葉 → 朝あそび/外あそび
ガンバリ過ぎ   →生産性の低下
            →病気・自殺   → よいかげんの薦め
参照資料>
子どものからだと心に関する提言 野井
子どものからだと心・連絡会議 事務局

シリーズ「環境問題として考える子どもの遊び」第2弾・人と人との関係性から探る
『人がつながる場所のつくりかた』

2018.12.13 国立オリンピック記念青少年総合センター
取材・記録:まちひとサイト
関連記事>
ご近所みちあそび で 子どもも大人も 街育ち!紹介:TOKYO PLAYの嶋村仁志さん
ドイツのあそびと暮らし「遊びは、大人への準備」紹介 と日本のプレーパーク、遊びを考え合う :佐藤公俊さん

あとがき> 
生活の中の光・暗闇づくりは個人的に対応できますが、朝あそび/外あそびは、遊べる外空間と遊ぶ相手が必要です。 
ワクワクドキドキ”は、準備され保護された「遊び産業」を消費するところからは生まれにくい。
『あそびの生まれる場所—「お客様時代」の公共マネジメント』 西川正著
*「禁止」する人が嫌がっているのは? 直接話さない社会に!

都心中央区のどこにそんな遊べる外空間が?
 →28%が道路面積で、曜日や時間限定で、車を止めて遊びの空間に?
  *江戸時代から昭和中期まで、道は生活の空間だった
  *参照:LondonPlay、TokyoPlay
  *大規模開発・高層マンションの公開空地は、だれが使う?誰が、そこでの遊びを見守るか?
 →あそびを指導するのではなく、見守れる大人をご近所で募る
  *あそびのリスクの中に気づきや創造性が
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント