FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最新記事

Latest comments

Calendar

10 | 2018/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別リスト

【記事記録】

<まちひとサイト>からのお知らせ

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

歩行者専用 オープンな日本橋高島屋ガレリア は、寛ぎの場に?

9月25日一般開業された日本橋高島屋S.C新館と本館の間のガレリアは、歩行者専用の道で、高層部に透明の屋根が掛け渡された空間。売り場が並んでいるアーケード付商店街よりも大きく開けた空間で、カフェとショーウィンドウに木々が並び寛いだ空間ができている。
0DSC02351高島屋新旧の間のがレリア 02DSC02355ガレリア入り口 05DSC02363ガレリアテーブルから 06DSC02374ガレリア昭和通り口
周辺の、中央通りは、両側に歩道の対抗四車線。南側は両側歩道で一方通行二車線に路上パーキングと駐車場入り口。日本橋タワーと隣接する北側は、歩道・一方通行の二車線・駐輪場・歩道。東側は、両側歩道の一方通行二車線。
10DSC02381地図 11DSC02390本館筋向かいから 12DSC02386旧南側
13DSC02393中央通り向い側 14DSC02352中央通り
15DSC02396新高島、東京日本橋タワー間 18DSC02379新旧裏
文化資産としての本館の高さに合わせてた8階の上は、セットバックした高層階。滞在人数が増した仕事場/売り場から出た道に、モールの様には閉じない歩行者専用の内外貫入空間が出来ている。
20DSC02391上部はオフィス
取材・記録:まちひとサイト 撮影 2018年9月22日
あとがき> オフィスビルである日本橋タワー周りの道路と公開空地のの使い方と、ガレリアは違う。この半開きの空間ではいろいろな催し/イベントも楽しみになるが、日々働き・訪れる人がどう使いこなしてゆくのか?
歩く、立ち止まる、、、座る、見る、話す、、、。 橋詰、辻、路地などはかって寛ぎの場でもあった。

参考>
『都市の自由空間 街路から広がるまちづくり』 鳴海 邦碩 著   
『建物のあいだのアクティビティ』 ゲール,ヤン 著
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント