FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最新記事

Latest comments

Calendar

12 | 2019/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別リスト

【記事記録】

<まちひとサイト>からのお知らせ

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

目に焼き付ける 築地市場の大規模鉄骨構造空間、往き交うターレー

平成30年築地波除神社獅子祭りも終わり、築地市場場内に来る機会はあとどのくらい?
鉄骨の大空間の曲がりの先に何があるのか? 往き交うターレーは、スモール・モビリティの原型ではないか???想い出と明日への期待を、「なんとかしてゆくしかない!」と動き続ける築地市場水産部通路空間の記録です。
屋根空間 場内のモビリティ
                 (撮影 2017年11月27日)
築地まつり、ゴミゼロキャンペーン、移転前の築地市場(2016年)
築地市場最後のゴミ ゼロ キャンペーンに、場内の普段の様子を目に焼き付けて


取材・記録:まちひとサイト
あとがき> 中央卸売り市場制度を具現化したような築地市場の建築は、中央に集中し再度各地に分散してゆく、卸/仲買制度が形になっている。
今、市場の運送手段は、船から陸上トラック、そして空路/国際化へと展開している。市場機能は、中央集中から、機能分散しかけ、産直輻輳化、6次産業化も進んでゆく。
この市場機能が移転後の築地市場建築空間が、どうなるのか?
往き交うターレーや荷車は、多様化/電動化が進むスモール・モビリティの手がかりか?
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント