トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最新記事

Latest comments

Calendar

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別リスト

【記事記録】

<まちひとサイト>からのお知らせ

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

新富座こども歌舞伎 節分祭奉納公演 平成二九年『三人吉三巴白浪』『白浪五人男』

「大川端庚申塚の場」は節分、『稲瀬川勢揃の場』は桜の咲く頃、季節にあわせた演目二つです。
おとせ 三人吉三 固めの
白浪五人おとこ 挨拶
『三人吉三巴白浪~大川端庚申塚の場~』
 おとせ:矢崎穂乃花、お嬢吉三:今井理世、お坊吉三:釜口陽子、
 和尚吉三:葉葺真央、金貸し太郎右ヱ門:大槻泰禅

『白浪五人男~稲瀬川勢揃の場~』
 日本駄右衛門 :半田結梨乃、弁天小僧菊之助:夏目沙余、忠信利平:金子福乃、
 赤星十三郎:斎藤真由、南郷力丸:下平創史
 捕 手:大串咲人、青木理沙子、木村天音、桑原笑
     中澤紫、金子花、矢崎優里

新富座こども歌舞伎舞台前、町衆が指導をうけながら音合わせをする下座音楽、長唄に、邦楽の音空間の手がかりを聴く
地芝居『新富座こども歌舞伎』を支える町衆  節分祭奉納公演は今年で10年目
新富座こども歌舞伎 節分祭奉納公演 平成二九年 『口上』『寿式三番叟』

取材・記録:まちひとサイト
あとがき>’白波’ とは、盗賊のこと。他所への往来、帯刀、士農工商の身分をも外れた盗賊が、社会の掟を破る開放感と宿命感。場はいずれも、時の流れの川の側。庚申塚も散る桜も、運命をうけいれる死生観。親子は別れ法も越えても、義理のへの忠義。こんな舞台を、自由のタガがはずれた今はどう観られるのでしょうか? 
新富座こども歌舞伎も10年、演じてきた初代小学生も今は、大学から社会へと。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント