トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最新記事

Latest comments

Calendar

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別リスト

【記事記録】

<まちひとサイト>からのお知らせ

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

都市暮らし特集3.ご近所づきあいで都市の課題を解決する 荒昌史

多数の世帯が一度に住み込む新築大規模マンション、独居世帯が増えてきたマンション生活には、マンション・コミュニティ・デザインという意図的な活動が、いろいろな課題を解決するてがかりをつくり、楽しさを増す可能性を増やす。
荒さん 荒 ネイバーの多様な切り口
マンションコミュニティ3要素 防災3コンセプト
都市・住まいのコミュニティについて語り合う、26歳以下の学生と若手社会人の集い
6月10日 Clipニホンバシ 
発起人:川路 武 :三井不動産レジデンシャル株式会社
企画:荒荒昌史:HITOTOWA Inc.代表取締役 http://hitotowa.jp/
都市暮らし特集
1.「都市・住まいのコミュニティについて語り合う、26歳以下の学生と若手社会人の集い」開会
2.マンション コミュニティ研究 猪股有佐
3.ご近所づきあいで都市の課題を解決する 荒昌史
4.シェア住宅の現在 北川大祐:株式会社ひつじ
5.都市のコミュニティについて(シェア社会へ)北川大祐
6.”26歳以下半分は、田舎暮らしが好き!?” 「Neighbors Next U26 Summit」まとめと 合宿の予告
取材・記録:まちひとサイト
あとがき>大規模開発・工場用地など、既存住民・地権者がわずかなマンションと、既存地権者、既存居住者が多いマンションでは、コミュニティ・デザインの手法も多様になるのだろう。被災対応時を、一人一人、世帯・世帯から考えることは、マンションの同じフロア、屋内、マンション周辺の住民や事業者との関係づくりの手がかりになるだろう。孤立して自由を求めることと、住まいの廻りでの対話を求めること、そして、その関わりを楽しみとするのか、しがらみと感じるのか?時と場合、相手次第という、住み手任せだけでない、時代がやってきている。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント