FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最新記事

Latest comments

Calendar

03 | 2021/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別リスト

【記事記録】

<まちひとサイト>からのお知らせ

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

人繋がりの「裏日本橋桜まつり」雨模様の中最後まで実施する裏日本橋自負心:シビックプライド

3月28日(日)、明治座の公開空地を活用した浜町金座・親合防災倉庫前広場で開催された「裏日本橋桜まつり2021」の取材です。
20210328_110730 雨で呆然
10時開始後のしばらくすると一時雨。呆然とするメンバーの前に、雨でも参加のお客さん。即、テントを運び込み、雨をしのいで、16時まで頑張りました。
01m20210328_111225(0).jpg 02mDSC07524.jpg
03mDSC07556.jpg 04mDSC07575.jpg
05mDSC07549.jpg 06mDSC07536.jpg
07m20210328_111852.jpg 08m20210328_112400.jpg

「裏日本橋」というのは、日本橋東部エリアの商店会連合「お江戸日本橋東地区会」の通称です。裏日本橋商店街アプリ」と「QRコード決済」システムを導入したときから自称されています。

2021年3月28日(日)
浜町金座・親合防災倉庫前広場
主催:お江戸日本橋東地区会

・ 浜町マルシェ 復活! 9月27日(日)日本橋浜町トルナーレ
取材・記録:まちひとサイト
あとがき> 地域商店・事業が広域・チェーン店に代わってきた今、住民・勤め人の地域生活に寄り添えるのは地元飲食店・事業者の方々。納涼祭・餅つき大会・運動会・防災訓練、、、ネット連絡も便利になって、声を掛け合って応え合う自負が、裏日本橋らしいシビックプライドです。
当初は、ベンチも増えた明治座前緑地での開催を計画していたようですが、歩道2Mの余地を残すには狭かった。今後は、車道を活用した地域生活の場づくりも、検討されています。

・ 雨対応の第41回ゴノちゃん運動会は、地域防災訓練にも値する連携イベント
・ 令和元年の神田祭 日本橋五の部連合渡御に街づくりの見える化の兆しを
・ あの日からちょうど十年目! 近縁を掘り起こす:3月11日発行・配布「浜町おもいやり新聞」こんなこと出来るメッセージ募集は2月9日まで

ここは、全員合意の村社会でも、首都圏どこでも「いいとこどり」の無縁社会でもなく、町会・商店街・祭り・タウンマネジメント・・・地域に関わる人や組織が、ズレながらも重なり合って、地域の意識が現れています。お互いに認め合える街暮らしのかたちを街再生事業へとつなげる時期にきているようです。

・ 地域自負心(シビックプライド)を纏めた地域が見えてくる 
~令和3年度 官民連携まちなか再生推進事業の実施事業者を決定~


関連記事

おさんぽ応援団 第5回お花見散歩と音楽会は 堀米 綾(ハープ)田中 愛(チェロ)演奏会と映像DVDで

コロナ禍で昨年は中止した、おさんぽ応援団によるお花見散歩と音楽会。今年は、施設からの参加者へは映像DVDでと、席を減らした演奏会として、第5回を開催されました。
開会あいさつ 演奏斜め前
演奏 横バスト 演奏者から会場後ろまで
前半

後半


mD3C01000.jpg
終演後、満開の桜を楽しみながらお散歩、まいほーむ晴海、晴海苑、相生の里、マイホーム新川へ。
mD3C01031演奏者 mD3C01036マイホームはるみ
mD3C01040晴海苑 mD3C01052相生の里
mD3C01060バリ広場 mD3C01070マイホーム新川

2021年3月27日(土) アートはるみ
主催:おさんぽ応援団  協力:認定NPO法人 トリトン・アーツ・ネットワーク
後援:社会福祉法人 中央区社会福祉協議会
取材・記録:まちひとサイト
あとがき> コロナ禍中、集っていただいた方々との演奏会。合唱で声をだすのは控えましたが、あたたかな春の調べに浸りました。準備し・楽しみ・片付ける、お散歩応援団の方々とは二年ぶり。交わす言葉は少なくても、伴に出来る有難い一時でした。

・ 第4回おさんぽ応援団 お花見散歩と音楽会 中井智弥 二十五絃箏・三弦演奏
・ 誘い合って支え楽しむ 第2回おさんぽ応援団お花見散歩と音楽会
・ おさんぽ応援団 第1回お花見散歩と音楽会 いろいろなグループから参加して準備

関連記事

中央区「花壇ボランティア」応募は、知人づくりのきっかけ? マンションの公開空地なら民間だから、野菜・果実も

草花の成長を語り合いながら地域の日々を伴にできる「花壇ボランティア」は、持続する知人づくりの良い機会です。
花壇ボランティア募集
中央区社会福祉協議会ボランティア・区民活動センター 月刊『キャッチボール』4月号PDF より

マンションの公開空地を提供してもらっての「勝どき枝豆プロジェクトの会」は、菜園を楽しみ、子ども食堂の活動も続けています。
民間だと、食べられる野菜・果実も植えられて、水遣りもお互い様。収穫が僅かでも、成長を楽しみあいます。
撮影は3月26日
m3D3C00907 mD3C00909.jpg
m2D3C00904 m1D3C00903枝豆
勝どき枝豆プロジェクト 今年も枝豆植えました!

記録:まちひとサイト
あとがき> 朝の散歩・体操や犬の散歩は、地域の知人づくりのきっかけだとは、良く聞く話です。草花の成長を互いに楽しむ機会も、草花に待たれている気持ちも、いいものかもしれません。

公共の花壇でも、通りがかりに声をかけ、手伝えたら楽しそうです。

芝生育てに集う方々から窺える、元気なシニア・子育て世代の街暮らし
関連記事