FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最新記事

Latest comments

Calendar

08 | 2019/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別リスト

【記事記録】

<まちひとサイト>からのお知らせ

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

お店とホテルをパブリックに、『親子で、大人で、地域を楽しむイベント「東神田夜祭り」』

日本橋馬喰町のお隣『親子で、大人で、地域を楽しむイベント「東神田夜祭り」』を取材させてもらいました。
会場は、タオル問屋でカフェも営んでいるMORALTEXと、CAFE/BAR/HOSTELのKIKKAの店内・店前・シェアスペース。お店のスタッフもホステル・インターン中の学生もお手伝い。演奏は、近くの音楽教室:ブリックスミュージックサロンの先生方。東神田に関わり・関わり合いたい方々が、集まり・立ち寄り・寛いでの夜祭りでした。
01DSC07982kanda.jpg 02DSC08005kanda.jpg
03DSC07998kanda.jpg 07DSC08045kanda.jpg
10DSC07984kanda.jpg 13DSC08036kanda.jpg
12DSC08034kanda.jpg 24DSC08047kanda.jpg
大人の部は、路上での立ち話から
30神田 大人 立ち話 32DSC08057kanda.jpg
32神田 大人 紹介 31DSC08058kanda.jpg

Supported byうちらよ・東神田Meetup(ご近所交流会)
「東神田に住んでいる(昔、住んでいた)・東神田で働いている(昔、働いていた)・東神田に友人がいる・東神田に興味がある・東神田の近くに住んでいる・東神田の近くで働いている・地域にトモダチを作りたい・地域の情報を知りたい・パパ友をつくりたい・ママ友をつくりたい・近所で飲みトモダチをつくりたい!」

2019年7月22日
取材・記録:まちひとサイト
あとがき> 馴染みの道が馴染みの場所に。
 カフェとタオルのお店一軒では、このソトの寛ぎは生まれていなかったでしょう。歩いて繋がるホステルのカフェもソトに開いて、旅人も受け入れています。店前のプールやテーブル、摘み立ち飲みでの飲食など、通りすがりでも立ち寄り、立ち話も続きます。 そして、一夜の祭りが終わっても、普段から立ち寄り、寛ぐ街暮らしの場所に。
どんなときにも、自由なくつろぎ  『喫茶ランドリー』一周年 フリマの日のライブにて
みんなで作る隅田川マルシェは、LYURO東京清登の川床と隅田川テラスを繋いで
ソト暮らし ’グランドレベル’ EYE LEVEL(視線)
関連記事

銀座ミツバチプロジェクトの銀座紙パルプ会館で、銀座のかぼす収穫祭 9月30日まで大分かぼすフェア

銀座のかぼす収穫祭は、9月16日、銀座四丁目の銀座紙パルプ会館屋上Beeガーデンで開催。気仙沼からの秋刀魚は、銀座ミツバチの巣箱の横で焼いて、雨のため一階みもざ館で、交流会。
DSC08515KABOSU s DSC08536KABOSU s
DSC08495KABOSU s DSC08645KABOSU s
DSC08593KABOSU s DSC08616.jpg
DSC08655g.jpg
大分かぼすフェアinGINZAは、9月15日~9月30日。大分カボスのカクテルを、銀座49店舗+霞が関・四谷で。
取材・記録:まちひとサイト
あとがき>
 銀座ミツバチプロジェクトの立ち上げが、2006年。白鶴ビル屋上での銀座天空農園での米づくりが、2007年。都心ビル屋上で、集い・営み・楽しみます。
四人 DSC08686KABOSU s
自然の恵みに親しむ銀座人が集う 銀座天空農園の田植えも第11回
今年は豊作、大分竹田市と繋がる銀座天空農園カボス収穫祭
銀座天空農園のカボスとサンマのいただき方!
銀座天空農園 カボス&スダチ収穫祭から かぼたん・スダチ君が結ばれて

関連記事

日本橋浜町一丁目の ’そば ’ 付き合い  第104回 日本橋粉の会

清洲橋通りに面する浜町コミュニティルームでの、第104回 日本橋粉の会の記録です。
「鉢三年、延し三か月、茹で三日」。一人一人が蕎麦を打ち、その日の、粉・天気・技などが、出来栄えに、気の置けない会話が、’そば’付き合い、街暮らしです。
01コミュニティルーム通り、 02蕎麦打ちの屋内 004 鉢まとめ 21延ばし棒、斜めに




 *映像タイトル訂正です。 正しくは、「鉢3年、伸し3ヶ月、切り3日」! 茹でも大切ですよね~~~。
40蕎麦洗い上がり 40頂きます1

2019年6月22日 浜町コミュニティルーム
取材・記録:まちひとサイト
あとがき> この蕎麦打ちも、埼玉県深谷市の’おもつむ’田んぼで、お米や小麦を育てている一般社団法人 想いを紡ぐ会の 環境活動の一環です。
自然と人と紡ぎ合う、飾り合う言葉も不要な、休日のひと時を、ご一緒させていただきました。
関連記事

「地域をもっとよくするために何ができるか - 街をデータで描こう」から見えてくる協働のプロセス

 今、品川区が提供している「しながわパパママ応援アプリ」に子連れで安心してゆける公園検索機能「こうえんしょうかい」が開発されて経緯の記事です。
 2018年9月24日に、品川区とCode For Tokyoの協働アイデアソンが開かれました。行政は企画部情報推進課が、情報活用には、コーディネートとアシストには、CodeForTokyo、参加はには地域活動者と立正大学経済学部の学生方。
 そのアイデアを実現するため10月13日(土)・14日(日)豊葉の杜学園で開かれた「街をデータでえがこう」です。
そして、その中から、2019年1月に公園検索機能「こうえんしょうかい」が加わりました。
01矢崎DSC01339JINMO0731s 02全景DSC01128JINMO0731s
03家族倍増計画DSC01285JINMO0731s 04ハッピー家族DSC01162JINMO0731s
05安心して通れる卓上DSC01274JINMO0731s 06安心して通れる歩道DSC01270JINMO0731s
07認知症と購買者 関連図DSC01303JINMO0731s 08シニアのスキルDSC01287JINMO0731s
09現状あるデータDSC01307JINMO0731s 10公園パップDSC01294JINMO0731s
11全員DSC01346JINMO0731s
取材・記録:まちひとサイト
あとがき> 地域活動の当事者・地域の大学・広域でのデータ活用を進めているCodeForTokyoのキーメンバー、その協働の舞台を作ったのは、行政を横断できる情報推進課。街の課題を見つけ・対応してゆくには、協働の結晶です。町会でも行政区でも地域マーケットでも、物理的・政治的・経済的なバランスを取りながら、斬新的かつある時点では、大変革が必要となります。ここで、街のデータを集め・それを埋めてゆく地域活動の人たちの役割を、大切にしたいと、遅くなりましたが、記事にさせていただきました。
関連記事

公共空間の活用を市民とともに学び・進めるNAS(NakanoAfterSix)中野区で、持続的な公園活用を学ぶ

NAS(NakanoAfterSix)は中野区役所の職員を中心とした勉強会で、第95回「公園における官民連携 稼げる公園づくり&市民協働の推進」(2018年12月21日)に参加させていただいた記録です。
20街の課題 20行政の課題
21地域の課題って? 21公園の苦情
22居心地のよいストリート 23芝生広場を囲む飲食店
24南池袋公園 24親子も一緒にコミュニケーション
24大阪城ルーフトップテラス 25中野区長も
講師は、一般社団法人クレイドルの高井譲氏。市民参加で公園を持続的に活用している数多くの事例の紹介がありました。中野区長も挨拶に寄られ、行政担当者と一般聴講者が伴に聴講し、語り合える機会でした。
取材・記録:まちひとサイト
あとがき> 今、働き盛り・子育て盛りの世代こそ、これからの街づくりに参加できる機会が欲しいもの。午後6時以後、区役所員と伴に学び・顔を合わせる機会は、区外にも開放されています。いろいろな課題や知恵を、集め/揃えて、総合的に検討する、効率のよいプロセスが必要です。
NAS(NakanoAfterSix) FBページ

都会の楽しみ方、寛ぎ方はそれぞれに 中野四季の森公園 中野駅から300m
関連記事