トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最新記事

Latest comments

Calendar

04 | 2018/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別リスト

【記事記録】

<まちひとサイト>からのお知らせ

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

歩車分離と歩車共存−道路空間を考え直せる 'ShareSpace' のスマートさ:無段差社会創成シンポジウムより

 昨年12月10日中央区内で開かれた、無段差社会プロジェクト スターティング シンポジウムでの(株)本田技術研究所 四輪R&Dセンターの矢口忠博氏の紹介からの、引用記事です。
17 DSC02387段差提案 18 DSC02423HONDA矢口さん
「車」中心の街構造から、「人」中心の街構造に転換するには、歩車共存の空間を増やし、多様なモビリティと共存する社会が見えてくる。
「歩車共存」へは、オランダの交通計画者:ハンス・モーガン氏が1985年頃から始めた取り組みが指針に。
 すべてのインフラを撤去し、最低限の交通ルールと人々のコミュニケーションによって、「歩車共存」の空間が再構築すると、
車の速度が抑制され、アイコンタクトの増加等で事故件数が減少した。
それにより、沿道にオープンカフェやマーケットが展開され、空間の質・価値が向上しし、来街者も増加した。
11 DSC02573歩車共存 12 DSC02575道路空間これから
13 DSC02463人中心の街へ 14 DSC02466都市生活者の活力
15 DSC02428移動は本質 16 DSC02445ショップモビリティ
 この、' ShareSpace 'という考え方が、バルセロナ市グレーシア地区の小路や、サン・マルティ地区のスーパーブロックで、道路の使い方とリノベーションで、実現している 事例を紹介しました。都市環境/経済/社会福祉のバランスをとりながら展開したのは、バルセロナ・オリンピックが一つの契機でもありました。
狭い道を人の道に戻して、小さな広場が息づく 【Barcelonaの街暮らし空間】 Fontana駅から d'Astories小路、二つの小さな広場
9ブロックを纏めて、道路を人の生活の場に:SuperBlockプロジェクト【バルセロナ街暮らし空間】シリーズ第二弾

取材・記録:まちひとサイト
あとがき> 月島の3間通りは、歩車共存。電動車椅子の相田さんと一緒に道をゆけば、車も自転車もゆっくり、距離をたもってくれす。ベンチの若旦那に声をかけ、呼び込みのお姉さんに、隣の由来を訊ねたり。人同士が互いを認め、関わり合うきっかけが、沢山。

ユニバーサルな都市生活者の活力=活動参加力増加の環境・関係づくりは、障害者・シニアにも、子どもの成長・活躍の基盤でも。
シンポジウムから、「ノーマライゼーションからユニバーサルデザインへ」:医学/関係/制度 道具/建築・空間」、「モビリティの多様化/電動化/AI化」へと要素を分けて、記録してゆきます。その次には、ユニバーサル・デザインからデジタル・デザイン・加工による個別対応可能な領域をリハビリテーション活用する特集を組んでゆきます。
関連記事

9ブロックを纏めて、道路を人の生活の場に:SuperBlockプロジェクト【バルセロナ街暮らし空間】シリーズ第二弾

一方通行で車を避けながらの街の道も、ブロックを纏めてエリア内を人の生活の場にすることができる。
バルセロナ市サン・マルティ地区でのSuperBlockプロジェクト。de Sancho d'Avila 通りの路上や交差点では、ベンチ・テーブル、児童公園、路上ゲームなどを手がかりに、勤め人・学生・子育て親子や近隣シニアなどの生活が見える。
DSC01616水道局 バルセロナのSuperBlockエリア
自動車一方通行路+歩道を、9ブロック内、自動車通行路をデザインすれば
SB一方通行から歩行者優先区域へlow オフィス前 DSC08133SuperBlok 子どもの公園
1 歩行者優先エリア内

2周辺車優先道から歩行優先道へ

3歩行者の生活優先への転換

        (写真、動画の地図は、Open Street Mapより)
シリーズ記事>
途切らさない歴史の上、市民生活/活動をデジタリゼーションで刷新してゆく Smart City:バルセロナ市 訪問所感
狭い道を人の道に戻して、小さな広場が息づく 【Barcelonaの街暮らし空間】 Fontana駅から d'Astories小路、二つの小さな広場
2017.11.13 Mon. 14PM頃
取材・記録:まちひとサイト
あとがき>
19世紀の産業革命勃興期、スペインのマンチェスターと云われたバルセロナ市は、建築家ゼルダ氏により、モジュールブロックで都市拡大政策を実施した。400m×400m内の9ブロック、20mの道路、都市交通を担う蒸気汽車の曲がりのための大きな隅み切りの交差点。
衛生環境を目指して、五階の両側/中空の計画だったブロック内建築は、道路面を埋め、人口集中に応えた。1975年以後の民主化以後、都市環境、市場経済、社会福祉のバランンスがとれた、Ajustament de Barcelona(バルセロナ適合計画:著者訳)にて、 工業地域だったサン・マルティ地区は、大改造が進んでいる。
DSC01602パノラマc
参考資料リンク>
22@Barcelona Plan:A program of urban, economic and social transformation
都市環境デザイン会議関西ブロック バルセロナ旧市街の再生 ー個別・小規模な環境整備から拡がるまちづくりー 阿部大輔氏
* 都市政策・展開は、それぞれの地勢・経済・生活文化の積み重ねで、そのまま真似ることはできない。
しかし、掲げる価値観/都市活動データを常用する都市運営と、個別の地域・道路・建築・付帯設備などには、中央区でも手がかりは多い。狭い道に、更に車道/自転車道/歩道と段差、ガードレール、、、機能別区分利用が常識ではない。街区や建物のスケール/沿革が違うが、公開空地/駐車・駐輪スペースなど、使い方はいろいろ。その地域に住み・活動し・使い・管理できる人に沿って、工夫できることは多そうだ。区分所有者/管理者の孤立を越える概念と手法が求められる。
関連記事>
’車’ 中心から ’人’ 中心の都市へ再び! バルセロナ市がSurper Block」計画を実施へ! 都市情報を活用し、生活の質を目標に、街をリノベーション!
見える化、生態分析:アーバンンデータを活用しての課題や可能性を探る技術
関連記事

人中心の道へ戻したバルセロナ市d'Astories小路のスケールを、日本橋、新富町と比べてみる

狭い道を人の道に戻して、小さな広場が息づく 【Barcelonaの街暮らし空間】 Fontana駅から d'Astories小路、二つの小さな広場
車優先が常識となった街暮らしに、歩く人やバギー・シニアカート・車椅子が優先される道を回復させ、人通りを増やしてきたバルセロナ市d'Astories小路は、どうやって変えてきたのか? 実験・実証期間での通行・来客・売り上げなどの統計データと営業の利便性の検討を経て、歩きやすい道路の改造が進みました。
<実施前の一方通行体制>
Fontana before
<実施後の人専用・優先道が、二つの広場を繋ぐ>
Fontana after
<歩行者専用部分と歩行者優先部分が地域に繋がって、歩きたたずみ易い街へ>
Fontana 歩道化
グラシア地区の歩行者空間計画に関わった、吉村有司紹介サイトリンク
<日本橋エリアで同様な広さは?>
日本橋 みゆき通りを軸に
<新富町での100mは?>
新富町100
            (OpenStreetMap に書き込み、拡大利用)
日本橋の広さ深さを実感 第6回 『日本橋エリア 日本酒利き歩き 2018』 昭和通り東編
お店の人と料理と酒を確かめて 新富町はしご酒 おかげさまで第8回

取材・記録:まちひとサイト
あとがき> 最近は、宅急便が台車で集配する街。車から荷物の積み下ろし後は、台車や手押し車で運んでいます。速度の速く・強い、自動車・自転車を除けながら歩く生活が身にしみこんでいますが、局所からでも対応できそうなバルセロナの事例は参考になります。
べったら市、納涼祭、餅つき大会、盆踊り大会、、、.小路・路地は、日本橋街暮らし文化の伝統です。マンションも増えている都心街暮らし孤立しがちな個室から、外に出て、歩き・たたずみ易い通りの回復は、可能です。
当時、バルセロナ都市生態学庁に勤めていた吉村有司氏の話しでは、単なるアイデア、デザインでではなく、ICT機器を活用した詳細なお通行データの活用、現地の人とのバルでの語り合いまで重ねるコミュニケーションなどを重ねた結果とのことです。都心・街暮らしの歴史を持つ中央区各地に住み暮らす人から、行政・企業と協力して進めることです。
吉村有司氏の地中海ブログ

5月27日は、日本橋大伝馬町での第5回くされ市
昨年のくされ市記事より
昭和通りも越えた日本橋界隈の集い 第4回 日本橋くされ市
関連記事